都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

不規則な変光を繰り返すタビーの星、原因は「溶ける惑星」かもしれない

粉砕された彗星に囲まれた「タビーの星」の想像図/Credit:NASA/JPL-Caltech/T. Pyle (IPAC)

Point

■通称「タビーの星」は非常にランダムかつ最大22%の減光を起こす謎多き星

■この減光については原因が分からず、宇宙人の構造物が星の光を遮っているというトンデモ説まで登場している

■この原因が、現在はまだ未発見の天体「プルーネット」の影響ではないかとする説が登場した、事実ならば初のプルーネット発見に繋がる可能性がある

はくちょう座の方角、1480光年ほどの場所に浮かぶ太陽より少し大きな恒星「KIC 8462852」。19世紀末から知られた何の変哲もない星…と思われていたのですが、2015年になってある特殊な性質を持つことが発見されました。

それは「KIC 8462852」が2011年から2013年の間に極めて不規則に減光しているということで、極めて異例の現象です。

そのためこの星は、不規則な減光について最初に指摘したTabetha Boyajian氏の名にちなんで「タビーの星」と呼ばれています

「タビーの星」はその後、ハーバード大学に保管されていた19世紀末からの写真乾板の記録調査により、過去最大で22%もの減光があったと確認されました。

原因は現在も特定されておらず、あまりに減光の程度が大きく不規則であるために、エイリアンの建造物に遮られているんだと主張する人まで現れる始末です。

そんな謎多きタビーの星の減光について、これが「プルーネット」と呼ばれる、現在はまだ仮説上の存在に過ぎない天体の影響ではないかと指摘する論文が発表されました。

この論文は、コロンビア大学の天体物理学者より発表され、9月5日付けで天文学を扱う査読付き学術雑誌「英国王立天文学会月報」に掲載されています。

Orphaned Exomoons: Tidal Detachment and Evaporation Following an Exoplanet-Star Collision
https://doi.org/10.1093/mnras/stz2464

不規則な変光星 タビーの星

連星のの光度曲線。/Credit:国立科学博物館

宇宙には規則的に明るさを変化させる変光星というものが存在します。

これは連星が食を起こすことによって明かりを遮られたり、星の内圧が変化することで核融合が活発・不活発になったりすることで起こり、通常は非常に規則的に明るさを変化させます

ところがタビーの星の明るさの変化は、まったくランダムなのです。減光の程度もめちゃくちゃで、過去には22%も減光したこともありますが、昨年の減光は5%程度でした。

不規則な減光は、彗星や小惑星の影響が予測されていますが、その場合問題になるのが、大きすぎる光の吸収量です。木星のようなサイズの惑星が恒星と地球の間を遮ったと仮定しても、その減光の割合は1%程度にしかなりません。

これを彗星の放出する塵が原因とした場合、異常な量の彗星が大量に星の周りを回っていると仮定しないと説明がつかない状況になるのです。

また、減光の発生頻度や、減光の発生期間も問題になります。不規則といってもかなりの頻度で減光は発生しており、また非常に長期間減光が発生していた時期もあります。そうなると単純に彗星に原因を求めるのは難しいでしょう。

タビーの星を取り巻くリングの想像図Credit: NASA/JPL-Caltech

若い恒星の場合、惑星になる前の塵が降着円盤となって取り巻いている可能性が考えられますが、このタビーの星はその可能性を考慮するには年を取りすぎています

天文学者たちは、タビーの星が起こす不規則な減光を支持するモデルは、現状存在していないというのが一致した見解です。

はぐれ星 プルーネット

しかしコロンビア大学の天体物理学者Brian Metzger氏は、タビーの星を取り巻くこの不可解な状況について「説明は可能だ」と主張します。

彼によると、この不規則な減光の原因は「プルーネット」ではないかというのです。

プルーネットとは、惑星の衛星軌道から外れて恒星の軌道上を回るようになった月のような存在です。衛星だったものが惑星にクラスチェンジした天体を指しています。

ゲーム「ファイナルファンタジー4」では、エンディングで月が地球(?)の軌道を外れて外宇宙へと飛び去っていくシーンが描かれています。そのような出来事が実際、宇宙のどこかで発生する可能性があるというのがプルーネットの考え方です。

もしプルーネットが恒星に引かれて、親惑星よりも内側の惑星軌道へ入り込んだ場合、今までよりも強い恒星の放射に晒されることになります。すると、まるで彗星のように外層の氷が溶かされて、軌道上に大量の塵の雲を作り出すのだと考えられているのです。

Credit:NASA/FUSE/Lynette Cook

木星は水星などの惑星よりも巨大な衛星を持つことが知られています。もし木星のような巨大ガス惑星の衛星が、プルーネットとなって恒星の近くで溶け出したとしたら、タビーの星の不規則な変光についても説明できるかも知れません。

ただ、プルーネットは現在のところ理論上仮定されているだけの天体で、実際に発見報告や存在を証明するような観測記録は存在していません。

そもそも、自ら光ることのない太陽系外の惑星自体が観測することが難しく、現在の技術では太陽系外の惑星が衛星を持つかどうかさえ証明できていないのが現状です。

しかし、Metzger氏は月が惑星を離れて太陽の内側の軌道を回りだすことは、決して珍しい現象ではないはずだと語っています。

タビーの星以外に、似たような変光を起こす天体は、現在発見されていません。しかし、似たような星が他にも見つかったなら、この現象の原因とともにプルーネットの存在も証明できるようになるかも知れません。

ちなみに、タビーの星の変光の原因がエイリアンの構造物という説は、光のスペクトルによって減光の割合が違うという理由で否定されています。こういう減光の仕方は不透明な構造物が原因ではなく、一部のスペクトルを吸収する塵が原因だろうということです。

まあ、そりゃそうですよね。

5分で脈動する新型変光星が発見される