都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

マリリン・モンローの死にはUFOの機密情報が関わっていた!?





謎の死を遂げた女優、マリリン・モンロー。

彼女の死は薬物の過剰摂取や暗殺など様々な説が唱えられているが、この度物議を醸すような衝撃的な説がドキュメンタリーとして公開されて話題になっている。それによると、彼女はUFOについてあまりにも知りすぎてしまったために殺害されたというのだ。

マイケル・マッツォーラ監督の「未確認」と題されたドキュメンタリーは、薬物の過量服用で死亡した女優のマリリン・モンローがUFO現象についてあまりにも知りすぎていたために殺害されたという考えを提唱して注目を集めている。

関連動画
UNACKNOWLEDGED Clip – “Interestingly…”






彼女はUFOに関する機密文書を一般に公開すると主張して口封じで殺されたというのだ。確かにマリリン・モンローの死には著名人が関わっており、何らかの機密漏洩を危惧した人物に寄って暗殺されたという説が存在しているが、UFO関連の機密情報については今回の説が初となる。

このドキュメンタリーはUFO研究者のスティーブン・グリア博士が調査した情報と、かつて彼女と親交のあった俳優による証言から作成されている。




「スティーブン・グリア博士が収集した舞台裏の調査結果は、UFOの秘密の核となる隠蔽活動の度合いを明らかにするでしょう」と監督は語る。

果たしてどのような内容になるのか、海外のUFOファンの間では話題になっているようだ。

関連記事
プリンセス・ダイアナ 死の連鎖

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

イメージ画像©PIXABAY