都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

マスオさん&ジャムおじさん、増岡弘が降板!舞台でもひと騒動が…

2019年8月5日、『サザエさん』のマスオさん、『アンパンマン』のジャムおじさんなどを担当している声優・俳優の増岡弘が上記の有名キャラクターを降板。後任には、田中秀幸(マスオ役)と山寺宏一(ジャムおじさん役)が決まったことを報告した。

増岡は『サザエさん』が1978年から、『アンパンマン』が1988年の番組開始からレギュラー出演していて、30年以上に渡り長寿アニメを支えてきた重鎮だった。

マスオさんの歳がついに判明した!?




今回の降板の理由は「高齢」という。現在、82歳である増岡にとって、これまでふたつの番組に毎週を出演し続けたことは、近年ではなかなか大変だっただろうと考えられる。

以前、ATLASでも紹介した通り、増岡の声によるマスオさんは今年6月の時点において、視聴者の間で「あれ?マスオさんの声変わった?」、「マスオさんかなり苦しそうだな…」と違和感を唱える声が相次でいた。つまり、この時点でかなり無理をしていたのではないかと容易に想像できる。

また、アニメ放送50周年を記念した舞台版『サザエさん』も当初マスオ役でキャスティングされていた俳優・原田龍二が不倫スキャンダルにより降板するなど、偶然にも2019年は二人のマスオがキャスト交代する事態となったようだ。

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)

画像©サザエさん トップページ – フジテレビ オフィシャルサイト画像より