都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

ホテルに出現した謎の外国人女性の幽霊!?

投稿 ゆるさん

これは、昨年の秋の話です。

いつも泊まっていた定宿の廃業で、その日は、3階建ての初めて宿泊する古いホテルでした。夕方、16時頃、明るいうちからチェックインできました。ホテルには、他にお客さんはチェックインされていないようでした。

フロントで216号室のキーをもらい階段を上がって部屋に向かいました。階段を上がると階の中央は、15m×15mくらいに広くなっていてそれ囲むように部屋が並んでいました。

関連記事

新山口駅近くの幽霊ホテル、女の髪の毛が…




部屋に入ってまずテレビをつけたのですが、デジタルテレビのはずなのに全チャンネルが砂嵐だったので、フロントに電話すると部屋を変えますとのこと。

キーをフロントに交換に行くために部屋を出ると自分の部屋の扉の右側2m前にフィリピン人かタイ人に見える女性2人が立っていました。部屋に着いてわずか30秒くらいの事です。このホテルにはエレベーターがなく階段だけなのに、また他の宿泊客は1人も見かけなかったのにいつ入って来たのだろう思いました。

その女性というのが、1人は、50代くらいの太った人で、もう1人は20代後半の中肉中背で、私には2人は親子に見えました。その2人は、誰もいない中央のあたりを見ていたのですが、私が、扉を開けると2人ともこちらを向き、目をあわせました。しかし、すぐに向きを変え私の部屋の2つ隣の218号室の向いて急に怖いくらいの凄い形相で見つめていました。

私は、フロントで217号室のキーを貰って2階なら戻った僅か30秒でその2人は、消えていました。私は、この2人は、生きてない人だと直感しました。




深夜1時に就寝しようと思ったのですが、寝落ちしかけると突然218号室から10分くらいおきにドン、ドンと壁に蹴りが入り、またうなされているような呻き声が聞こえて来て眠れません。なんとか眠ろうと頑張ったのですが、我慢できず、3:30頃にフロントに218号がうるさいと苦情をいれました。そして夕方、見た2人の外国人女性の事も言いました。

するとホテルの人は、客室は、フロントを通らない絶対に行けないし、外国人の宿泊者もいない。また218号室には誰も宿泊していないという回答でした。それを聞いて私は、怖くなってすぐにホテルをチェックアウトして、朝までマクドナルドで仮眠しました。

(山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©カズキヒロ ぱくたそ