都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

プロがアイアンマン・スーツを本気で作った結果がこちら

Point

■米ディスカバリー・チャンネルの企画で、技術者たちが「アイアンマン・スーツ」を本気で製作

■スーツには鉄ではなく軽くて柔軟なチタンが採用されており、防弾機能も備えている

■1000馬力のジェットエンジンを5つ搭載しており、地上5mのホバリングも可能

6月に始動した米ディスカバリー・チャンネルの新たなテレビシリーズ「Savage Builds」、その記念すべき第一回のテーマが、「アイアンマン・スーツ」だ。

開発を行なったのはシリーズのパーソナリティであるアダム・サヴェッジ氏。インダストリアルデザイン・特殊効果のエンジニアで、映画『スター・ウォーズ』や『マトリックス』のモデルデザインを務めた経験もある。

そんなプロ中のプロたちがリアルなアイアンマンスーツを本気でつくったら、一体どんなものが出来上がるのだろうか?

3Dプリントでスーツを完全再現

「アイアンマン」だが、スーツの素材に用いられたのは鉄ではなくチタンだ。作者的にはここはさぞかし鉄で作りたかったことだろうが、空を飛ぶためには軽く柔軟なチタンの方が適しているらしい。仕方ない。

だから正確には「チタニウムマン」と呼ぶべきだろうが、とにかく作成したのはアイアンマンなのだ。

制作にあたって、まず映画オリジナルに忠実なスーツの型をデータ化し、それを元にチタンで3Dプリントを行なった。

アイアンマン・スーツのデータは、なんと映画を製作したマーベル・スタジオ本社が提供し、3Dプリント技術の提供にはコロラド鉱山大学が参加している。

これはプロの本気が期待できる。

そうして完成したのが、こちらのスーツだ。

Credit:laughingsquid

カッコいい…カラーリングや形を考えると、これは試作機「マークⅡ」だろう。本物のマークⅡと比べても見劣りしない。

劇中に登場する「マークⅡ」/Credit:laughingsquid

スーツは鉄より柔らかい素材だが、防弾機能はバツグンに優れている。

スーツに22.9mm口径の銃弾45発を撃ち込んだ実証テストでは、銃弾がスーツを貫通することはなく、ほんのかすり傷を残した程度だった。

というか実証テストまでやるのがスゴイ。本家とプロたちの本気をまざまざと見せつけられている。

Credit:laughingsquid

1000馬力のジェットエンジンで滑空も実現!

機能は防弾性だけではない。

防弾性に加え、今回はグラビティ・インダストリーズの代表も参加し、プロジェクトに飛行用ジェットパックを提供している。

同社は直立姿勢で空中をホバリングするための装置を開発している企業だ。今回のスーツを滑空させるために、1000馬力のジェットエンジンを5つ用意してくれた。

このエンジンをもってすれば、地上から15フィート(約5メートル)の高さまで浮くことができるのだ。

これで後はスーツを着て飛ぶだけ。

…しかし戦いはこれからだ。上手く飛ぶにはかなり訓練が必要なようで、サヴェッジ氏もかなり悪戦苦闘した様子。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Adam Savageさん(@therealadamsavage)がシェアした投稿

とても楽しそうではあるが、飛べなければ意味がない。飛べないスーツはただのスーツなのだ。

そこでホバリングのプロでもあるグラビティ・インダストリーズの代表にバトンタッチ。スーツ姿がかなり似合っている。

Credit:laughingsquid

いよいよ実践だ。

ガレージの幕が上がり、アイアンマン発進!

Credit:laughingsquid

ゆっくりと浮き上がって空中を見事に滑空する腕前は流石の一言である。

これにはサヴェッジ氏も大満足だった様子。まさに各方面の専門家たちの知恵と技術をアッセンブルした末の成功となった。

ホバリングの様子やスーツの詳細については以下の動画から確認できる。

是非とも体験してみたいが、素人ではジェット噴射と同時に一人バックドロップを決めてしまいそうだ。

LEDでマイティ・ソーの「青く光る目」を再現したツワモノレイヤーが現る

reference: movieweblaughingsquid / written & text by くらのすけ

投稿 プロがアイアンマン・スーツを本気で作った結果がこちらナゾロジー に最初に表示されました。