都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

ハゲにさよなら。クローン技術と3Dプリンタで「毛髪」を生み出す最新技術

Credit:depositphotos

Point

■毛髪を作り出す「毛包」のクローン生産と、毛包の形を安定させる足場の3Dプリント技術により、薄毛・抜け毛がなくなる

■本人の細胞を用いることで免疫システムによる移植時の拒絶反応もなくなる

■人に対する臨床試験はまだ行われていないが、手術にはかなり高額な費用がかかると予想される

ハゲに悩む人が近い将来いなくなるかもしれません。

アメリカのStemson Therapeutics社とコロンビア大学の研究チームが、クローン技術と3Dプリンタの技術を組み合わせ、患者本人の細胞を使って毛髪を再生させる新技術を開発しました。

毛を作り出す「毛包(hair follicle)」をクローン生産し、人工的な毛包が崩れないようにする「足場」を3Dプリンタ技術で実現。それを頭皮に埋め込むことで、自分の髪が自然に復活するとのこと。

すでにマウスを用いた実験では毛髪の再生に成功しており、人での臨床試験もあと1年半ほどで開始するといわれています。

なぜハゲる? 薄毛・抜け毛の原因とは

哺乳類の毛髪を作り出す器官は「毛包」と呼ばれ、毛根を包み込むようにして毛穴に埋まっています。ヒトの頭皮には約10万個の毛包がありますが、残念ながら寿命も限られています。

表皮下にあって、頭皮に酸素や栄養を与える「真皮乳頭」が年齢を重ねるにつれて減少していくと、毛包が縮小し始め、休眠状態に入ります。健康な毛髪は何千もの幹細胞を持つ真皮乳頭によって作り出されるのですが、休眠状態では弱々しい毛髪しか生えてきません。

Credit:depositphotos

さらに毛包は一度休眠状態に入るとなかなか復活することが難しくなります。そのためもう一度毛髪を作り出すためには、健康な毛包を頭皮に埋め込むという方法が最適なのです。

毛包を本人の細胞からクローン生産

健康な毛包を埋め直すことで毛髪を再生させる方法は以前から取り組まれてきましたが、それはどれも背中や脇といった別の場所や、他人の頭部からの移植というものでした。

しかしこの方法では、移植された部分の免疫システムが拒絶反応を起こすリスクが極めて高いのです。そこで研究チームは本人の細胞を使用することで、毛包をクローン生産する方法を採用しました。

このクローン毛包を休眠状態の頭皮に移植することで、新たに健康な毛髪を作り出すことが可能となるのです。

Credit:pixabay

一方で、このクローン毛包が長期的に形を止めることができないという問題も発見されています。研究チームによると、クローン毛包は時間の経過とともに徐々に溶けて、構造が崩れ始めるといいます。

そこでコロンビア大学の皮膚科学者であるアンジェラ・クリスティアーノ氏により、3Dプリント技術を使った毛包の形を崩さないための足場が製作されました。これを使うことでクローン毛包の形を安定させ、毛包がまっすぐ同じ方向に成長できるようになったのです。

先月行われた国際幹細胞研究会議では、本研究チームのジェフ・ハミルトン氏により「マウスに人の毛包を移植することに成功した」と発表されています。こちらが実際の画像。

Credit:theatlantic

まだ人へのクローン毛包移植は行われていませんが、あと1年半ほどで人を対象とした臨床試験が可能だそうです。

すべてのプロセスがクリアされれば一般への導入も開始されるでしょうが、手術費用はかなり高額なものとなると噂されています。本人の細胞を用いた毛包のクローン化と3Dプリント技術には膨大な費用がかかるため、技術の進歩により低コスト化できるまでは、裕福層だけの特権となるかもしれません。

技術の進歩による病気の治療は嬉しいことですが、同時に「髪の沙汰も金次第」な世知辛い世の中にもなってきているようです。

簡単ハゲ予防! 「サンダルウッド」の香りで発毛が促されるという研究結果

reference: futurismtheatlantic / written by くらのすけ