都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

ネットで人気の「踊るオウム」が研究対象に→自分でダンスを振り付けられると判明

Credit: Guardian News

Point

■懐かしの名曲に合わせて軽快にダンスをする、オウムの「スノーボールくん」が10年前にネットを賑わせた

■改めて彼を研究すると、自らステップを考案するなど、より人間に近いダンスの感覚を持っていた

■人間と共通する「5つの特徴」がこうした動きを可能にしている

高層マンションのようなスズメバチの巣がアメリカで発見される

曲に合わせてノリノリで踊れるオウム「スノーボールくん」は、かつてネットを賑わせた人気者だ。

そんなダンスのキレに見惚れた…かもしれない研究者がオウムを改めて調査したところ、ダンスだけでなく、ヘッドバンギングなどの動きも可能なことを明かしている。さらに彼は、教えてもらった動きだけでなく、自らステップを考案することもできるというから驚きだ。

研究は「Current Biology」に掲載されている。

Spontaneity and diversity of movement to music are not uniquely human
https://www.cell.com/current-biology/fulltext/

人間顔負けの「ノリノリ」

この発見から分かるのは、音楽に合わせて自発的に体を動かすのは人間の専売特許ではないということだ。

オウムのように一定の認知能力と神経のキャパシティを持つ動物にも、同じことが可能らしい。

スノーボールくんがネットを賑わせたのは、10年前にYoutubeにアップされたこの動画。バックストリート・ボーイズの音楽に合わせて、軽快に体を揺らすその姿のインパクトは絶大だった。

実はこのスノーボールくん、動画が流行した当時にも研究対象となっている。当時の研究では、まるで人間のような「ノリ」にスポットライトが当たり、そこから人間の音楽性の発展へのヒントを探ろうとした。

人間以外の動物にはみられない動きをみせるスノーボールくんに、当時の研究者らは驚かせられたが、今回の研究でも彼は再び研究者らを驚嘆させた。

彼は、研究者らがこれまでに見たことのない動きを披露していたのだ。それはつまり、彼が自分自身でダンスを創作したことを意味する。

決して飼い主がレパートリーを追加したわけではないのだ。

動きのバリエーションは無限大?

研究者らは、より詳細にこの12歳のオウムのダンスを分析するために、80年代のシンディ・ローパーのヒット曲、『Another One Bites the Dust』と『Girls Just Want to Have Fun』を3度ずつ流して、合計23分間にわたって様子を観察した。

その結果、スノーボールくんは曲に合わせて、実に14もの異なる動きをしていたことが明らかとなった。さらに、そのうちの2つを組み合わせた動きも2つみられた。

また、同じメロディであればダンスも同じというわけでもなかった。

スノーボールくんは特定の旋律とダンスを結びつけているわけではないらしい。彼のダンスは、自らで新たなシークエンスを生み出せるほど柔軟なもののようだ。

研究者らは、人間やオウムがこうした曲に合わせたダンスをすることを可能にする要素として、5つの共通する特徴を挙げている。

1. ヒアリングとダンスを脳内に強く結び付けられるような、複雑な音声学習をおこなう脳力

2. 非言語的な動作をまねることを学習する脳力

3. 社会における長期的なつながりを形成しようとする傾向

4. 複雑な一連の動きを覚えることができる脳力

5. コミュニケーションに向けられた注意力

しかし、研究を率いたタフツ大学の認知神経科学者アニルド・パテル氏は、オウムの中でもスノーボールくんは特別であることを語っている。

「音楽に合わせて異なる動きをみせるオウムの例は、他にもインターネットでみることができますが、スノーボールは科学的な研究対象として認められた初めての例なのです」

確かに彼の動きはちょっと普通ではない。彼が新たな喜びを見出すためにも、同じレベルで踊れるダンスパートナーがみつかることを願うばかりだ。

セクシーすぎるヒトデが激写されコラ祭りに

reference: livescience / written by なかしー

投稿 ネットで人気の「踊るオウム」が研究対象に→自分でダンスを振り付けられると判明ナゾロジー に最初に表示されました。