都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

デカッ!世界最大のゴキブリTOP10

虫が好きでもゴキブリだけは苦手、という方も多いのではないでしょうか。一度もその姿を見たことが無いという人はおそらくいないであろうゴキブリですが、生態についてあまり知らない方もまた多いのではないかと思います。

身近な害虫と言うイメージの強いゴキブリですが実は世界にはなんと4000もの種類が存在しており、私達に馴染みのあるワモンゴキブリやチャバネゴキブリなどとは似ても似つかない外見をしているものも多くいます。以下にそんなゴキブリの中で、最大の大きさを誇るものをランキング形式で10位から1位まで紹介していきます。

 

10位 ムネジロゴキブリ

ムネジロゴキブリはインド~大スンダ列島に分布する種で、全長は平均42mm程度。ゴキブリ科アシナガゴキブリ亜科に分類されます。

成虫は胸部が白っぽい色に斑紋が浮かび、翅は飴色。長い触覚を持つことが特徴で、雄では体長の1.5倍もの触覚を持ちます。そのため触覚も入れた全長となると、更に上の順位にランクインする種でもあります。

また幼虫の頃は乳白色の半透明の体色に、黒いラインが浮かぶという珍しい外見をしています。そして生涯を通して非常に薄い形状をしており、成虫時でも体の厚さは僅か2.5mmしかありません。

外見にも特徴の多いムネジロゴキブリですが最も特徴的なのは動きの俊敏さで、日本の家屋でも姿が見られるワモンゴキブリやチャバネゴキブリと比べても極めて素早く動くことができるそうです。

 

9位 ヨコジママダガスカルゴキブリ

名前の通りマダガスカルに分布するヨコジママダガスカルゴキブリは、全長平均42.0mm~45.0mm程度。分類されるオオゴキブリ科ハイイロゴキブリ亜科の中では小型の種となりますが、それでもゴキブリ全体の中では比較的大型です。

引用:http://remix-net.co.jp

黒色の前胸背板以外は、中胸から腹部にかけて肌色のような明るい色や褐色の縞模様をしていることが特徴です。本種を含めたマダガスカルゴキブリは海外でペットとして飼育されることも多く、完全に翅が退化していることから飛ぶことができません。

しかし飛べないこと以上に特徴的なのが、腹節にある気門と呼ばれる空気を取り入れる穴を利用して発音することで、危機を感じると体内に取り入れた空気を一気に放出し「シューッ、シューッ」という音を出すことです。この音は英語で摩擦音、つまり“hissing sound”と表現されることから、マダガスカルゴキブリは英名で“Madagascar hissing cockroach”と呼ばれています。

また雄では前胸の背板の側縁がこぶのように盛り上がっているのですが、自分の縄張りを防衛する時にこのコブを使って争う様子も見られます。

飛ばないうえに触ると鳴き声のようなもの(実際は威嚇しているだけですが)をたてることから、大きさを問わずペットとして人気のあるマダガスカルゴキブリは、餌も枯葉や朽ち木の樹皮、バナナやりんごの果物の皮からドッグフードに至るまで何でも食べるため、飼育は容易であるとされています。

 

8位 ボルネオマダラゴキブリ

ボルネオマダラゴキブリは全長平均41.0mm~46.0mm程の大きさのゴキブリで、その名の通りボルネオに分布します。オオゴキブリ科マダラゴキブリ亜科に分類される種で、マダラゴキブリの仲間では比較的大型の種です。日本に生息する大型ゴキブリのヤエヤマオオゴキブリに比べると体長では劣りますが、横幅のあるガッシリした体形をしているため、実寸より大きく感じられと言われています。

低地熱帯雨林が広がるボルネオの国立公園などでも姿が見られるこの種は、他のマダラゴキブリ同様に枯葉を好んで食べます。夜になると活動を始め、朽ち木や立木の幹にいるところを普通に見ることができる種です。そのため個体数は多いと考えられています。

マダラゴキブリ亜科に分類されるゴキブリは体の幅が広いものが多く、本種も枯葉に擬態できる程の扁平な体つきをしているのですが、近種には更に幅の広い体を持つに“エンバンゴキブリ”という種も存在します。

マルク諸島に分布するエンバンゴキブリは体長こそ40.0mm弱とボルネオマダラゴキブリに及びませんが、名前通りに円盤に近い不思議な形状をしていることが特徴です。他にマダラゴキブリ亜科には“カクムネシロマダラゴキブリ”など日本の家屋内で見られるような種とは外見が大きく異なる種が存在します。

 

7位 ヤエヤマオオゴキブリ

ヤエヤマオオゴキブリは日本の石垣島や西表島、台湾に分布する、オオゴキブリ科オオゴキブリ亜科に分類される種です。全長は平均42.0mm~48.0mmで、日本国内に生息するゴキブリではナンバー2の大きさとなります。

引用:http://www.ryu-yo.co.jp

オオゴキブリ亜科は成虫では似た外見のものが多く存在しますが、本種は幼虫時に中胸の背板に一対の赤褐色の紋があるという特徴をもつため、幼虫時に他種と判別することが可能とされます。(一部、紋を持たない変異種も存在するようです)

原生林の中に点在する立木や倒木などを棲み処とし、石垣島での調査によると直径10cm程の細い朽ち木にも潜んでいることが分かっています。基本的には単独行動をとるため、1匹~3匹くらいでいるところを見つけることが多いようです。

生息地が森林となるため人間の家屋に迷い込むことの無い本種は、ペットとして飼育している人も存在しネットオークションで取引をされることも珍しくありません。

オオゴキブリ亜科に分類されるオオゴキブリは本種を含めて国内に8種存在するのですが、その中にはオオゴキブリのように県別のレッドデータブックに登録され、保護されている種も存在します。ゴキブリを保護というのは理解できない話かもしれませんが、オオゴキブリの仲間は整備された人工的な雑木林では生きていくことができず、朽ち木や枯れ木のある場所でなければ生きていかれません。

そのため真の意味で里山を保全するということはオオゴキブリの棲める森を維持することに繋がると考えられおり、生態系の一部として保護されているのです。

 

6位 ヤエヤママダラゴキブリ

ヤエヤママダラゴキブリは石垣島と西表島に分布し、体長が平均35.0mm~50mmと日本に生息する森林性ゴキブリ最大の種です。

日中は石の下や落ち葉の下、生木についた枯葉の中や樹の洞などに潜んでおり、活動は暗くなってからのみ行う夜行性の性質を持ちます。そのため夜間には立木や朽ち木にとまっているものの他にも、林道を這って移動しているものを見ることもあります。マダガスカルゴキブリと違い翅を持っていますが移動速度は比較的遅く、飛ぶ姿も頻繁には見られません。

というと運動能力がとても低く感じられますが、本種の幼虫は沢沿いの石の下や水辺の落ち葉の下に潜んでいることも多く、なんと幼虫期に限っては潜水能力も持つのです。水中でも生きられるゴキブリというのは非常に珍しいため、東京の多摩動物園では水をはったケースの中でヤエヤママダラゴキブリの幼虫を飼育し“泳げるゴキブリ”として展示しています。

 

5位 ユウレイゴキブリ

ユウレイゴキブリはコスタリカやパナマ、ニカラグアといった中央アメリカやアンティル諸島、トリニダード・トバゴ等の西インド諸島に分布するゴキブリで、全長は平均42.0mm~52.0mm程度。オオゴキブリ科ドクロゴキブリ亜科に分類される種です。

成虫の胸部は雌雄ともにオレンジ色で、黒い斑紋が人間の顔のように見えるという特徴的な外見を持ちます。これはドクロゴキブリ亜科に分類される種の共通の特徴です。

本種も主に海外ではペットとして飼育されることがあるのですが他のゴキブリと比べて肉食の傾向が強いため、複数飼育している場合は互いの翅をかじってしまったり、死亡したり弱った個体がいると食べてしまうことも珍しくありません。

そのため餌には野菜や果物より、ドッグフードが適しているとされます。また乾燥気味の環境で飼育すると繁殖しやすく、1度の出産で雌は20程の卵を産みます。ユウレイゴキブリという珍しい和名は、胸部側縁と翅が半透明でまるで幽霊のように透けて見えるところからきています。

 

4位 アトロポスドクロゴキブリ

アトロポスドクロゴキブリはアンティル諸島や中央アメリカに分布する種で、全長は平均42.0mm~55.0mm。オオゴキブリ科ドクロゴキブリ亜科に分類されます。

アトロポスという名称で爬虫類の餌としても流通している種で、幼虫期にはよく砂の中に潜って生活をします。近種のコガタドクロゴキブリと似た外見をしており、違いとしては本種の方がやや大きめであることや、胸部の台形の黒い模様が後縁に達していないこと、前翅の基部にある黒色の縦のラインが内側にカーブを描いていることが挙げられるでしょう。

またドクロゴキブリ亜科に分類される種類は本種を含めてペットや餌として以外の目的では日本に存在しないのですが、1972年の12月に札幌市郊外の市場で船荷に紛れ込んでいたと思われるコガタドクロゴキブリが観察されたために、コガタドクロゴキブリだけ日本産ゴキブリのリストに入っています。

しかしその後数が増えることはなく定着はできなかったため、似た生態を持つ本種も日本の野生環境下で生き残るのは難しいと考えられます。

 

3位 トラペゾイデウスドクロゴキブリ

トラペゾイデウスドクロゴキブリはメキシコ、グァテマラ、ホンジュラス、コスタリカ、パナマ、ベネズエラといった南アメリカに分布する種で、全長は平均54.0mm~64.0mmです。オオゴキブリ科ドクロゴキブリ亜科に分類されます。

半透明の体を持つ大型の種で、ドクロゴキブリ亜科の中では最大の大きさを誇ります。成虫時は近種のゴキブリ同様に前胸の背板に六角形の黒い斑紋を持ち、体の大きさ以外はあまり特徴が無いように見えます。しかし幼虫時は胸部こそドクロゴキブリ亜科らしく黒い模様が見られるものの、腹部は三葉虫に酷似した姿をしているという特徴を持ちます。

そのため幼虫時は飛ぶことがなく地中に潜って暮らすのですが、成長してからも飛翔能力は低く、特に体の大きな本種はほとんど飛ぶことができません。“フスカ(B.fussca)”という名称でペットとして販売されていることもあり、乾燥した環境で飼育するとよく繁殖し、飼育しやすい種です。

ドクロゴキブリという独特な名称は海外でこの亜科に分類されるのもを“death head”と呼ぶことからきており、前胸の独特の模様から取った名称です。

 

2位 マダガスカルゴキブリ

マダガスカルゴキブリはその名の通りマダガスカルに生息するゴキブリで、全長は平均して70.0mm程度です。オオゴキブリ科ハイイロゴキブリ亜科に分類され、この大きさを持つマダガスカルゴキブリの仲間には、マダガスカルゴキブリ、ラビエータマダガスカルゴキブリ、ポルテントーサマダガスカルゴキブリ等がいます。下の画像はマダガスカルゴキブリのものです。

マダガスカルゴキブリは古くからペットとして流通しているゴキブリで、全ての種で雄にのみこぶ状の突起が見られます。また野生化では熱帯雨林の林床に生息して、枯葉や落ち葉、朽ち木などを餌にしています。

本種には上の画像のような明るい褐色のものと黒い体色を持つものが存在しますが、体色以外の差はなく、親子で色が違うことも珍しくないそうです。

ハムスター用のペレットから煮干し、果物や野菜までよく食べるため飼育は簡単ですが、ハイイロゴキブリ亜科の特徴として壁面を上ることができるため、翅が退化していて飛べなくても飼育ケースには蓋をつける必要があります。

また雄では特に強い縄張り意識が見られるため、飼育環境が過密にならないよう注意が必要です。性的に成熟した雄がフェロモンを放ち、それにつられて来た雌と交尾をするのですが、交尾の時間はなんと20分~30分にも及びます。

交尾後60日程経つと雌は卵をお腹の中で孵化させて15匹~60匹ほどの幼虫を産み、そこから更に6ヶ月もの間幼虫と母親は一緒に暮らすのです。胎生のゴキブリというのは珍しい存在ですが、昆虫目全体でみるとそこまで特殊のことではなく、特にアリマキの仲間には胎生のものが多く存在します。

 

1位 ヨロイモグラゴキブリ

現存するゴキブリの中で世界最大の種とされているのが、オーストラリアの固有種で、クイーンズランド州にのみ分布するヨロイモグラゴキブリです。ヨロイモグラゴキブリは全長の平均が70.0mm~80.0mmで体重は35g、単三の乾電池相当の重さを持ちます。

オオゴキブリ科オオゴキブリ亜科に分類される本種は、甲虫のように硬い暗褐色に光る丸い体が特徴です。また6本の足には鋭い棘がついており、これを使って穴を掘ります。ヨロイモグラゴキブリはモグラという名前がついているように穴を掘って地中に棲み処を作り、その中で家族とともに暮らす亜社会性を持つ生物なのです。

本種の掘る穴は深さ40cm、全長1mにも及び、トンネルの中は自分達で運んできた枯れ草などの餌で満たされています。このように完全に地中で生活をする種というのは4000種いるというゴキブリの中でも本種だけです。

巣穴の入り口は草の陰に作られ、普通は直径15cm、高さ5cm程度の盛り土によって外敵が侵入しないように塞がれています。オーストラリアの亜熱帯地域には体長が20cmにも及ぶ大ムカデや体長6cmの大型の蜘蛛など、特に幼虫を狙う天敵が多いため、巣穴の守りを固める必要があるのです。

本種もマダガスカルゴキブリ同様に胎生で、母親は卵をお腹の中で孵し、1回の出産で10匹~20匹の幼虫を産みます。幼虫は生後9ヶ月もの間、20℃に保たれた快適な巣穴の中で親と一緒に生活します。そしてその後に独り立ちをして自分の巣穴を作るのですが、完全な成虫になるには12回~13回の脱皮を必要とし、時間も3年~4年は必要です。

 

1位 ナンベイオオチャバネゴキブリ

体重で最大なのはヨロイモグラゴキブリなのですが、体長で最大のものはチャバネゴキブリ科のナンベイオオチャバネゴキブリです。平均体長が110.0mmにも及ぶ南米のコロンビア等に生息する本種は、世界最大のゴキブリとしてギネスブックに登録されています。

1995年のギネスブックによると世界最大のゴキブリの個体は本種の雌で、現在は山形県の昆虫愛好同好会会長、横倉明氏のコレクションとしてアルコール漬けの標本が保管されているといいます。

この標本は横倉氏が協力する昆虫展などでも見ることができるのですが、本種は生きている状態で日本に流通することはほとんどなく、国内で動いている様子を観察することができる機会はなかなかありません。

しかしコロンビアの人々は「この辺りのゴキブリはネズミより大きい」と証言することもあり、南米で生活をする人にとってはそこまで珍しい生物ではないことが推測されます。また巨大なゴキブリは翅が退化している傾向がありますが、本種にはしっかりと翅があり、翼開長も170mm~200mmと非常に迫力があります。

 

ゴキブリのトリビア5選

世界最大クラスのゴキブリは人間の手のひらほどの大きさがある、ということだけでも気分が悪くなった方もいるかもしれません。しかしゴキブリの祖先にあたるものには更に大型のものが存在したりと、ゴキブリには奇妙なトリビアがたくさんあるんです。

敵を知り、自分を知れば百選危うからずといいます。ゴキブリの特異な生態を知れば、生活を脅かす彼らへの対処法も分かるかもしれませんよ。

 

①ゴキブリは首がなくても生きられる

私達がゴキブリに対して恐怖を感じる理由の一つに、核戦争があっても生き残ることができる等と言われる強い生命力が挙げられるかと思います。実際にはクマムシと違って放射線に耐えられるのかは怪しいという指摘もあるのですが、それでもゴキブリは首を落としても活動を続けられるという驚異的な特徴を持ちます。

実はゴキブリの脳は2つあり、頭に2組の大きな神経球がある他に尾の部分にも1個の神経球があるのです。2つの感覚中枢は巨大な神経線維で繋がっており、外からの刺激はおよそ0.003秒でゴキブリの神経索の端まで到達するとされます。

そのためにゴキブリは感覚をインプットしてからの反応が非常に早く、実験では尾角から受けた警戒メッセージは0.045秒で脚の動作へと移し替えられることが判明しているのです。これは人間の瞬きよりも早い数値で、丸めた新聞紙を振り下ろす僅かな時間にゴキブリが逃げられる理由でもあります。

もちろん脳が2つあるといっても口は頭部にしかないため首を切断されたゴキブリは餓死することにはなりますが、首がない状態でも1週間~2週間は生存可能なことが確認されています。

ちなみにゴキブリは学習能力も非常に高く、複雑な経路であっても5回~6回通るとゴールまでの最短ルートを記憶できることが実験で分かっています。しかし学んだことを忘れてしまうのも早いため、芸を覚えさせるのは難しいそうです。

 

②ゴキブリの先祖は超巨大

ゴキブリの祖先となる生物は、少なくとも3億4000万年前には存在していたことが判明しています。この時代、石炭紀の初期に初期には既に600種類以上のゴキブリが繁栄していたことが分かっており、古生物学者のなかでは“ゴキブリの時代”とも呼ばれているそうです。

石炭紀の初期はシダ植物が生い茂る熱帯雨林が多く、落ち葉や朽ち木のようなゴキブリの餌となるものが非常に豊富でした。また天敵となるような生物も少なく、巨大ムカデなど一部の生物さえ避けることができればゴキブリは数を増やし放題の天国のような環境だったのです。

中にはアプソロブラッティナという全長50cmを超えるような超大型の種も存在し、体の構造も現存している種と比べて翅の畳み方や腹部の細さなどの微々たる違いしかないことが分かっています。

 

③ゴキブリは1日の大半を身繕いに費やす

引用:https://media.newyorker.com/

ゴキブリという虫は不潔の代名詞のようだと考えている方も少なくないでしょう。しかしゴキブリは餌を食べる時間以外などのほとんどの時間を身繕いに費やしており、脚や触覚を舐めて絶えず綺麗にしようとしているのです。このことから昆虫学者たちはしばしばゴキブリのことを人間よりも綺麗好き、と紹介することがあります。

特に感覚器官であり臭いや振動を感知するのに役立つ触覚の手入れには細心の注意を払っており、糸ようじのように触覚を口に通して引っ張ることで、内側の顎にびっしりと生えた剛毛を使って触覚の受容器をこすり上げます。そして大抵のゴキブリは同じ要領で脚の棘状の突起や感覚網も、時間をたっぷりと掛けて綺麗にするのです。

多くの殺虫剤、特に粉末状の殺虫剤はこのようにゴキブリが頻繁に手入れする箇所の表面に集中的に付着するように設計されています。そのため綺麗好きな性格のゴキブリ程偶然に毒を舐めとってしまい、生き残るものは身繕いをしない不潔なもののみの可能性があるため、いずれゴキブリは本当に不潔な生物になるのではないかとも考えられているのです。

 

④ゴキブリは15分ごとにおならをする

近年の研究では、ゴキブリは15分に1回おならをすることが分かっています。また死んだ後も18時間にわたってメタンガスを放出し続けることも明らかになりました。

昆虫のおならは地球上で放出されるメタンガスの総量の約20%を占めるといわれており、その中でも特にシロアリやゴキブリの占める割合は高いとされます。つまり、シロアリやゴキブリは地球温暖化の隠れた原因にもなっているのです。

ゴキブリ、シロアリ、ヤスデといった節足動物の祖先もまたガスの放出量が多かったため、ドミニカから発掘されたゴキブリの先祖の琥珀にはガスの小さな気泡が見られることもあるそうです。

 

⑤ゴキブリは薬になる

古代ギリシアでは、ゴキブリの内臓と薔薇の油を混ぜたものを患者の耳に穴に流し込むのが定番の治療法であったといいます。また古代中国の薬屋では内臓疾患や整腸に関する効果があるとして、乾燥させたゴキブリを扱っていました。

現在でも乾燥ゴキブリはサンフランシスコのチャイナタウンの中心部で売られており、値段は1オンスで2ドル程度。発熱による悪寒や舌の腫れ、子供の夜泣き、不妊治療などに効果があるとされます。実際に乾燥ゴキブリを粉末状にしたものは胸膜炎や心膜炎の治療薬、タラカネ散の主成分でした。

他にも1886年に刊行された『ニューヨーク・トリビューン紙』には、ルイジアナ州では破傷風にはトウヨウゴキブリを煎じたゴキブリ茶を処方したり、煮たゴキブリを傷口に湿布するなどといった風変わりな治療をすることが紹介されています。なんとニューオリンズの伝説的なジャズシンガー、ルイ・アームストロングも病気になるとゴキブリの煮汁を飲んでいたと回顧録に記述があるのです。

また1903年に刊行された『マレーシアの薬による医療の本』には、ゴキブリを焼き、ぞの灰を水に入れて病人に飲ませることを薦めています。薬以外にも調理用のゴキブリというのも存在し、小エビのような味がするそうです。

 

まとめ

昆虫学者の中でもゴキブリだけは好きになれないという人は多いそうで、ゴキブリは知名度と比較して生態にまだまだ不明な点が多い生物です。

ゴキブリの生命の歴史も長いのですが人類とゴキブリの闘いの歴史も長く、紀元前1750年~1304年に書かれたと考えられているエジプトの『死者の書』にも、司祭がゴキブリを退治しようと香を焚く描写があるのだとか。未だに闘いの決着がついていないというのは恐ろしい話です。

今回は巨大な種について紹介しましたが、ゴキブリの中には美しいと称されるような色彩を持つものも存在します。てんとう虫と区別がつかないような可愛らしいものもいるので、興味のある方は調べてみるのもおすすめですよ。

Copyright © 2019 雑学ミステリー All Rights Reserved.