都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

スリムクラブ、無期限活動休止…Twitterに意味深な投稿が!


雨上がり決死隊の宮迫博之、ロンドンブーツ1号2号の田村亮ら多数売れっ子芸人11名が活動休止となった吉本興業闇営業問題だが、6月27日になり、新たな芸人が闇営業を行ったことで活動休止となった。

その芸人とは、2010年に『M-1グランプリ 2010』において決勝まで進出したコンビのスリムクラブ(真栄田賢、内間政成)である。

関連記事

次の謹慎芸人、セミナー商法に協力したA!?反社会的勢力と交際の噂






スリムクラブは2016年に他の芸能事務所所属の芸人の仲介で、パーティーに出席した際、暴力団関係者から金銭を受け取った疑いが持たれ、このことが発覚した6月27日の時点で無期限の活動休止が決定した。

さて、スリムクラブだが、実は今回の活動休止は予告されていたのではないか?との噂もあるという。

スリムクラブ内間のTwitterによると「27日までもう少し。 一足先にカバーしてみました」という動画付の投稿が6月22日にされていた(現在は削除)。

このことは、ロックミュージシャンの清春のライブが6月27日に東京で行われ、清春の大ファンであるスリムクラブ内間が「ライブが待ちきれない!」という気持ちを込めて投稿したツイートだった。

ところが、前述のように27日は彼らが吉本興業から無期限活動休止を命じられた、まさしくその日であり、今振り返ってみると「27日までもう少し」の意味が少し変わって見えてしまうのだ。

現実に、この日は内間にとってライブ鑑賞どころではない騒ぎになったはずであることから、Twitterには同情する意見も少なからず投稿されているようだ。

何はともあれ、スリムクラブの二人には猛省を促したい。




関連動画
お笑いコンビ「スリムクラブ」無期限の謹慎処分(19/06/27)

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『自分が嫌われてると思ってる人へ (ヨシモトブックス)