都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

シマウマの「シマ」には吸血バエを避ける効果があった!有力説に新たな証拠

Credit: photo-ac
Point
■シマウマのシマの謎に迫る研究が、有力説に新たな証拠を提示した
■有力説では、シマは「吸血バエの着地」を避けるためのものであるとされる
■ シマがハエの「解像度の低い目」をくらませることで、体への着地を困難にしていることが考えられる

シマウマがなぜあんなにも鮮やかな「縞模様」を持っているのか、実ははっきりとしたことは分かっていません。しかし新たな研究が、そのストライプのナゾに迫る手がかりを示しています。そこで縞模様は、シマウマに致命的な病気を運んでくる吸血バエから逃れるためのものであると考えられているのです。

Benefits of zebra stripes: Behaviour of tabanid flies around zebras and horses

https://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0210831

近づくハエの数は同じだが…

研究者らは、ハエ(horse flyと呼ばれるもの)が「単色の馬」よりも、「シマウマ」に着地するほうが困難であることを証明するためのデモンストレーションをおこないました。実験では、馬にストライプ柄のコートと単色のコートをかけて観察を実施。その結果、ストライプ柄に着地したハエの数の方が少ないことが分かったのです。

実験を率いたカリフォルニア大学デービス校の行動生態学者であるティム・カロ氏は、「単色の馬でもシマウマでも、近づいてくるハエの数は変わりませんでしたが、ハエはシマウマへの着地が苦手でした。ハエはシマウマの前で上手な減速ができず、通り過ぎてしまったり、あるいはぶつかって弾かれることもありました」と語っています。

ハエの「脅威」がストライプを作り出した

シマウマのストライプ柄のアドバンテージについては、これまで主に4つの仮説が唱えられています。それは「大型の捕食動物から逃れるためのカモフラージュ」、「固体認識のような社会的機能」、「体温調節機能」、そして「ハエからの攻撃を逃れる機能」です。

カロ氏は、「最後の説のみが有力です。哺乳動物の配色の研究に関わる生物学者のほとんどは、これがシマウマがストライプを持つ理由であると信じています」と語ります。

アフリカに生息するハエ(African horse flies)は、動物に致命的なダメージを与えることもある、トリパノソーマなどの病気を運んでいます。研究チームの一員であるブリストル大学の生物学者、マーティン・ハウ氏は、シマウマのストライプが、近づいてきたハエの「解像度の低い目」をくらませている可能性があると述べています。

また、シマウマは頻繁にしっぽを振り回してハエを体にとどまらせることを避けたり、ハエが着地に成功した際には走り出してハエを振り切ることもあります。それだけハエがシマウマにとって恐ろしい存在であることを考慮に入れれば、体の色を変えてまでもその脅威を避けようとするものうなずける気がします。

世界最大のハチをインドネシアで発見!その姿は「空飛ぶブルドック」?

reference: reuters / written by なかしー