都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

サイキック青年団で話題、創作した妖怪を水木しげるが絵にしてしまった?

投稿 父親が脇町出身のF

アトラスラジオに出演された土屋先生のお話は、学生の時に『週刊少年マガジン』で鬼太郎を読んでいましたので、非常に興味深く拝聴させていただきました。

記憶力もご鮮明で、特に女性アシスタントの選考話は面白かったです(『日本大好き』のナンブさんとかぶり、ほほえましく思いました)。

水木しげるも目撃した、地震の前に現れる「光り物」




『ゲゲゲの女房』も 夕方の再放送されており、かかさず見ている最中でしたので、ぜひまたご出演していただきたく思います。

あと創作妖怪と言えば、学生時代に聞いていましたABCラジオの『誠のサイキック青年団』で、たしかシンデレラエキスプレスの渡辺さんが出演されているときだったと思います。

ある番組で地方の妖怪の話をふられたときに、その場の雰囲気でつい創作して、こういう妖怪がいると話したところ、回りまわって水木しげる先生の耳に入り、創作した妖怪が絵(漫画)になったというエピソードを、半分寝ながら聞いていたことを思い出しました。




深夜ラジオで夢うつつでしたので、妖怪の名前などの詳細は失念しましたが、衝撃の内容でしたので覚えておりました(稲川淳二先生が怪談を創作する姿をテレビで見た時も衝撃でしたが)。

詳細はぜひ、シンプレの渡辺さんか竹内義和さんか北野誠さんにお会いした時にお確かめください。

画像『妖怪ビジュアル大図鑑 (講談社ポケット百科シリーズ)