都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

ギャンブラーが大金を賭けて「独房生活」にチャレンジ!「完全な孤独」がもたらす危険性とは?

Point
■外部から完全に遮断された「孤独」状態は、精神を弱らせるとともに、身体の免疫システムを低下させ、病気発症率を高める
■「孤独」状態がもっとも増長するのは、独房監禁といった身体的に外部世界から隔絶されたときである
■また、「暗闇」も大きな一因で、太陽光の遮断により、バイオリズムが狂いはじめ、幻覚症状などを引き起こす

外の世界から完全にシャットアウトされた真っ暗な小部屋の中、たった一人で1ヶ月間を過ごしたら大金をゲット――。この挑戦、あなたならやりますか?

プロのポーカープレイヤーのリチャード・アラーチ氏は、10万ドル(およそ1100万円)を賭けてこの挑戦に挑みました。

条件は、ベッドと冷蔵庫、バスルーム以外は何もない真っ暗な小部屋で30日間生活すること。一見誰もが「楽勝だ」と感じることでしょう。しかし、20日が経過した後、アラーチ氏は早くもギブアップを宣告します。そして逆に6万2400ドル(およそ685万円)を支払って、許してもらったそうです。

専門家によると、こうした「絶対の孤独」状態が心身に与えるダメージは甚大で、ギャンブラーで鍛え抜かれた精神力を持つアラーチ氏も例外ではなかったようです。アラーチ氏の詳細なインタビューは、昨年12月18日付けで「The Action Network」上に掲載されています。

Inside the Room: A Q&A With Rich Alati, Winner of the $62K Solitary Confinement Bet
https://www.actionnetwork.com/poker/rich-alati-poker-player-solitary-confinement-bet-exclusive-interview-darren-rovell

「身体的隔絶」と「暗闇」がもたらす恐怖

社会的動物である人間にとって、「孤独」でいることはもっとも難しいタスクのひとつです。「孤独」がダメージを与えるのは、特にメンタル面。精神的に他者から隔絶された人は、話し相手のいないことで、ストレス過多の状況に対処することができなくなります。それにより、心はうつ状態に追い込まれて、情報処理能力も低下、さらに判断力や記憶力も大幅に落ち込みむのです。

そして、「孤独」の影響力がもっとも増すのは、身体的に外部世界と隔絶されたときです。例えば独房監禁は、囚人の内に不安症やパニック症状、パラノイアを引き起こす原因となっており、社会的に問題視されています。また、身体的隔絶は、体内の免疫システムを弱体化させ、病気の発症率を高める原因でもあるのです。

それから「暗闇」という条件も、孤独感の増加に大きく寄与しています。太陽光が遮断されると、体内のバイオリズムが崩壊し、睡眠サイクルが狂い出します。これは、覚醒状態を促す体内中の「メラトニン」の減少とリズムのブレを調整する「視交叉上核( 脳の視床下部にある小さな部位)」の機能停止が主な原因です。

隔絶状態が続くと幻覚症状も…

1998年に起きた「オーストリア少女監禁事件」の被害者ナターシャ・カンプッシュさんは「暗闇の中で隔絶されることで思考能力がなくなり、犯人の指示に従順になってしまう」と話しています。また、バイオリズムの狂いは、幼年期の肥満症や早熟の原因でもあり、またガン発症や心臓病のリスクを格段に高めているのです。

さらに、隔絶状態は「幻覚症状」をも引き起こします。常に外部から刺激を受け取る脳にとって、隔絶状態は究めて稀なこと。そうした刺激の欠如により、脳は混乱して、誤った思考や感情を勝手に誘発するのです。アラーチ氏も「3日目にはすでに部屋中が泡で溢れかえる幻覚を見た」と報告しています。

 

「絶対の孤独」は精神だけでなく身体的な危険もついてまわります。しかし、今回実験に挑戦したアラーチ氏は、挑戦中に「家族や友人がどれだけ大切な存在か実感したよ」と利益もあった様子。もちろん彼のような無謀な挑戦はオススメできませんが、適度な「孤独」は、自分の人生を見つめ直し、精神的に成長する良いきっかけとなるでしょう。

人生で孤独感が増す「3つの時期」とは?

reference: theconversation / written & text by くらのすけ