都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

ガンバレルーヤ・よしこが手術中に見た臨死体験 花園で先祖と話をした…





最近人気の出てきた女芸人「ガンバレルーヤ」のよしこが昨年病気で入院した。

入院の理由は、「下垂体腺腫(かすいたいせんしゅ)」という病気の治療のためであったという。この病気は鼻やあご、手足が大きくなってしまう病気であり、かなり危ない病気であったらしい。

よしこによると、この病気のせいで24.5センチだった足のサイズが手術を受ける前は28センチまでに肥大化していたという。

関連記事

ガンバレルーヤよしこが憑依された!自室ではポルターガイスト現象頻発!?






無事手術を終えて退院したよしこは、2019年2月8日、FM東京で放送された鈴木おさむと小森隼(GENERATIONS from EXILE TRIBE)の番組「AWESOME RADIO SHOW.」に出演して病気に関するエピソードを披露した。

なお、手術の前に全身麻酔をした時は不思議な夢を見ていたという。お花畑でたくさんの先祖と話をすると言う夢であり、不思議に感じた彼女はその後、よく墓参りをするようにしようと思ったらしい。

関連動画
ネタパレ『化粧品売り場/ガンバレルーヤ』

≪こんな記事も読まれています≫
【藤子不二雄Aの臨死体験】三途の川、トキワ荘に赤塚不二夫や手塚治虫が!
シャロン・ストーン激白!A級ハリウッドミューズが体験した真実の臨死体験

(松田ケン 山口敏太郎事務所 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©ネタパレ【公式】フジテレビ / YouTube