都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

ガラケー女と間違えられた女性経営者が被害!高須院長「謝ればいいんじゃない?」

あおり運転のあげく暴力行為に及び逮捕された大阪府在住の宮崎文夫容疑者。

宮崎容疑者の車に同乗し、暴力事件の被害者が殴られる様子を淡々とガラケーで撮影していた「ガラケー女」に注目が集まっている。この50代女性も犯人隠避の疑いで逮捕されたが、この女性と宮崎容疑者は相互依存の関係にあると推測され、この2人のキャラクターに世間の注目が注がれている。




この50代女性の高校時代の卒業アルバム写真がアップされ、アフロヘアにゲジゲジ眉毛というルックスがネタにされたり、逮捕される前には雰囲気が似た女性経営者が「ガラケー女だ!」と間違えてネットで拡散され、その女性が運営する事務所に嫌がらせ電話が殺到するなど、多大な被害を受けている。

インターネット上で犯罪者と間違われた人が、嫌がらせ電話やメールにより被害を受けることが多々ある。




この問題に関して2019年8月21日フジテレビ系列で放送された「バイキング」において、出演した高須クリニックの高須院長が爆弾発言をした。「謝ればいいんじゃない」と言い放ったのだ。

この発言にスタジオが騒然となり、SNSはざわついた。「謝ればいいってもんじゃない」「現実に被害を受けているから謝罪で済む問題ではない」とネット住民は高須院長の発言に反発を見せており、若干荒れている模様である。インターネットの風評被害ほど問題のあるものはない。

(中村昭代 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)