都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

エイリアンから知識を得た、人間を若返らせる機械を開発!?

ヴァン・タッセル氏は、1930年から1947年までさまざまな企業で働いていたベテランの航空機整備士および飛行検査官だった。

しかし彼は、1953年に衝撃の告白をして注目されることになった。彼はある夜、ソルゴンダという名前の金星からのエイリアンに遭遇、伝えられるところによれば、彼はそのまま宇宙船に招待され、そこで人体を若返らせることができるという「インテグラトロン」と呼ばれる装置の計画をテレパシーで受けとるなどの才能を与えられたというのだ。




翌年、彼と数人の人物が問題のデバイスの構築を開始。「インテグラトロン」は、若返りだけでなくタイムトラベルや反重力にも対応できると言われ、ヴァン・タッセル氏は「対象の中に存在する特定の箇所に焦点を合わせると、細胞の若返りに必要なエネルギーを集中させ増幅できる」と語っていたという。

このデバイスはネジや釘のない奇妙なドーム型をしていたという。




ヴァン・タッセル氏自身は1978年に心臓発作で死亡、デバイスも未完成のままとなり、機能もしなくなったという。果たして、彼が主張していたことは事実なのか。

過去に彼にインタビューを試みた動画が近年になって発見され、ネット上に上げられたため彼の主張を我々も見ることができる。気になる人は確認してみてはいかがだろうか。

関連動画
George Van Tassel 1964 Interview on Aliens,Ufo’s and Time Travel

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Icseti Organization PIXABAY