都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

イルミナティカードに示された日本の未来が悲惨すぎる!!北朝鮮のミサイル攻撃が現実に!?

画像©Ralf Steinberger on flickr




1982年に発売されたカードゲーム『イルミナティ』。500枚以上のカードから構成され、1枚1枚にタイトルとイラストが描かれています。

近年、このイルミナティカードに描かれた事が少しずつ現実になっているという都市伝説が、ネット界隈で騒がれています。

今回は、イルミナティカードが的中させた予言と、近未来の日本の姿を描いた禁断のカードを紹介していきます。

イルミナティとは?

イルミナティは、昔から裏で世界を操っている秘密結社と言われています。

1776年、ドイツ・バイエルン州のインゴルシュタットで創設されます。当初は、大学教授と学生たちで構成された、ただのサークルのようなものでした。主に政治に対するイデオロギーを話し合う場でした。

そのような活動が危険視されはじめ、イルミナティは解散させられます。しかしその直後に、フランス革命が起こったことから、イルミナティが革命の黒幕なのではないか、と噂されます。

解散させられたイルミナティの一部が暗躍し、世界を裏で牛耳る秘密結社といわれるようになります。それが現在でも続いているのです。

イルミナティ―カードは未来を予言!?

秘密結社イルミナティを題材にしたのが「イルミナティ」というカードゲームです。1982年に発売された子供向けの遊びです。

このカードに描かれている事柄のいくつかは、実際に現実の出来事として起こります。もしかすると、本物の秘密結社イルミナティがゲームの開発に関わっているのではないか、と言われるようになります。

このカードゲームは、本物のイルミナティが、人類への警告として知らせるために、作らせたのかもしれません。




9.11アメリカ同時多発テロ

出典:都市伝説パラダイス

2001年のアメリカ同時多発テロは、ワールドトレードセンタとペンタゴンが狙われました。多数の死者を出した歴史的な大事件ですが、これがカードに予言されていたというのです。

カードには2つのビル、そして片方のビル中央部分には横から何かが突っ込み、炎上するイラストが描かれています。このカードのタイトルが『Terrorist Nuke (テロリストの攻撃)』。

そして、この貿易センタービルと同時に攻撃されたのが、国防総省ペンタゴンです。

出典:都市伝説パラダイス

このカードには上空からの炎上したペンタゴンが描かれています。そのタイトルは『Pentagon』(五角形)です。このイラストは、まるで9.11を予言しているかのような描かれ方をしているのです。

福島原発事故

出典:デスコのBLOG

『Nuclear Accident』(原発事故)のタイトルと、そこに描かれているのは、2つの建物。片方には亀裂が入り、背景には炎と黒煙を彷彿とさせるイラストが描かれています。

これは日本で起こった3.11を予言したカードとされ、同時に福島原発事故を描いているといわれています。

トランプ大統領の就任を予言

出典:デスコのBLOG

このカードには『enough is enough』(もう、たくさんだ!!)と書かれています。カードのイラストには怒りに満ちた男性の顔が描かれていますが、どことなくドナルド・トランプ氏に似ているようにも思います。

トランプ氏は、2017年に第45代アメリカ合衆国大統領に就任します。当時のアメリカは、格差問題や人種問題など、様々な社会問題や不満がアメリカ国民を悩ませていました。

その不満をすくい上げたのが、トランプ氏でした。カードにある「enough is enough」は、これまでの政治に対する怒りを表しているようにも見えます。

トランプ大統領は、鬱屈したアメリカ国民の怒りから誕生したのかもしれません。そしてイルミナティ―カードは、アメリカの情勢とトランプ大統領の就任を予言していたのです。

ちなみに、トランプ氏の家系はイルミナティと関わりがあるとされています。

隕石落下

出典:Meteor-Strike

『Metreor Strike』(流星が襲う)のタイトルは、2013年にロシアで報告された隕石落下を予言したものでしょう。ロシアのチェリャビンスク州付近で、隕石が落下した事件です。

この事件で、隕石による大規模な被害が報告されたのは、はじめてということです。直径15メートル、質量も約10トンとされる隕石の落下速度は秒速15キロメートル以上と言われています。

ロシア非常事態省は、落下した隕石の大部分は高温で燃え尽きたと発表。大気圏を超音速で通過し、その衝撃波によってロシアの街は甚大な被害をこうむりました。




北朝鮮のミサイル

出典:デスコのBLOG

イルミナティカードには今後の日本にまつわると思われる予言もいくつかあります。そのひとつが、北朝鮮のミサイル攻撃です。

カードには『Up Against the Wall』(窮地に陥る)とあります。この絵柄には、赤レンガのような壁に、人の影や瓦礫、また奥には三日月状のビル、転がる放射能汚染のシンボルマークが描かれています。

このカードは、核爆弾が落とされることを予言しているとも言われています。三日月状のビルは横浜で有名なインターコンチネンタルホテル、そして赤レンガ倉庫を表しているといわれます。

米朝首脳会談の結果によっては、北朝鮮は完全非核化に踏み切らないかもしれません。核ミサイルの標的になるのは、隣国の日本である可能性は大きいでしょう。

日本の未来を予言するカード!?

出典:デスコのBLOG

イルミナティカードの中で、特に気になるカードがあります。それが『JAPAN』(日本)と書かれたカードです。このカードは、一見、日本を描いたカードのように見えますが、いくつかおかしな描写が含まれています。

日本列島のイラストに沖縄が描かれていないこと、そして日の丸を示す太陽が西にあるというおかしな構図となっています。これは、沖縄や日本列島が沈むことを意味しているのではないでしょうか。

また、なぜか上段の両角が黒く塗られていることも不可解な点です。これは、日本は少しずつ衰退していくことを予言しているのではないかという見方もできるでしょう。

イルミナティカードはあくまでも子供向けのカードゲームです。しかし、ここまでカードに描かれていることが、現実のものとなっているのは、秘密結社イルミナティが深く関わっているからなのかもしれません。

イルミナティカードは、秘密結社イルミナティの活動を予言しているようにも見えます。すると、『World War three』というカードは、のちに第三次世界大戦が勃発するという予言なのかもしれません。

出典:世界の真相

偶然の一致と捉えるか、実際に起きる事を予言しているのか。その答えは誰にも分かりません。

参考サイト:
YouTube
都市伝説パラダイス
ブログ

※上記の記事はRANPOからの転載です。