都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

アントニオ猪木、激白!G馬場からの挑戦状「三途の河原で待っている…」

画像『アントニオ猪木全集2 新日本プロレス創造 [DVD]

2019年2月19日、両国国技館において大勢のファンを集めてジャイアント馬場が亡くなってから20周年の興行「ジャイアント馬場没20年追善興行~王者の魂~」が開催された。40年以上プロレスファンである筆者も現場に駆けつけた。

関連記事

プロレス界のミステリー、ジャイアント馬場の遺体が消えた!?






この日、馬場の長年のライバルであったアブドーラ・ザ・ブッチャーの引退式も行われ、往年の名レスラー、ドリー・ファンク・ジュニア、スタン・ハンセン、ミル・マスカラス&ドス・カラス兄弟、坂口征二、初代タイガーマスクなどが駆けつけ、華やかなムードに包まれた。

オープニングで挨拶をした馬場の同期であり、またライバルであったアントニオ猪木が興味深い話をした。

馬場と直接話したのはあるホテルのロビーであり、その時馬場は猪木に向かって「お前はいいよなぁ」としみじみ話したと言う。猪木としては何がいいんだろうと思ってしまったが今となっては確かめようがない。




また、馬場から猪木に宛てた最後の手紙には「三途の河原で待っている」と言う言葉が綴られていたという。この日猪木はリングに上がらず、リング下から挨拶をしたが「リングに上がると三途の河原で待っているという馬場さんの挑戦を受けたことになるから」とうそぶいて見せたが、これは猪木一流のジョークではなかったのであろうか。

猪木の心の中には、共に汗を流した同期であり、全日本プロレスと新日本プロレスで互いのしのぎを削ったライバルであった馬場への熱い思いが溢れていたのではないだろうか。

≪こんな記事も読まれています≫
大相撲の暴力行為、力道山から猪木や馬場へのパワハラよりマシだった!?

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)