都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

アボカドは時代錯誤の生存戦略を保ちつづける「進化のオバケ」だった

Credit: pixabay

Point

■新生代のアボカドは、大型動物に食べられることで種を散布する「動物被食散布」を行っていた

■約1万3,000年前に多くの大型動物が消滅して以降も、アボカドはこの時代錯誤の手段を保ちつづけた

■進化しそこねたアボカドが現存しているのは、人類が種を小さく、果肉を大きく改良した結果か

「あ、今日は安くなってる!」と、スーパーで手に取ったアボカド。あなたが手にしたのは、とんでもない「オバケ」かもしれない。

アボカドは、新生代に進化上の最盛期を迎えた果物だ。マンモス・ウマ・ゴンフォセレメガテリウムなどの大型動物が、北米の大地を闊歩していた頃の話である。

ゴンフォセレの想像図

これらの動物にとって、アボカドは大好物の食糧だった。種ごと丸呑みにしては、長距離移動中に排便することで新しい土地に種を残した。これは、動物被食散布と呼ばれる生存戦略の1つだ。種をばらまくことで、生き残り、成長する—。それこそが、果実をつけるすべての植物が目指すゴールである。

ところが、約1万3,000年前、大型動物は西半球から姿を消した。氷河期に存在した多種多様な大型動物の68%が北米から消え、80%が南米から消えた。

大型動物の数が激減してからも、アボカドは種の分散方法を頑なに変えなかった。時代錯誤の手段を保ちつづけたのである。

科学ジャーナリストのコニー・バーロウ氏が、自著「The Ghosts of Evolution: Nonsensical Fruit, Missing Partners, And Other Ecological Anachronisms」の中で記している。

大型動物との蜜月 遺伝子に染み付いた甘い記憶はなかなか消えない

バーロウ氏が説明するには、大型動物がいなくなったことに、アボカドは皆目気づかなかったようだ。大型動物の存在なしには、親である木に光や栄養の獲得を遮られた種は、落ちた場所で腐るしかない。

ベリーなどの小さな種を持つ果物は、小さな動物でも食べて種を散布することが可能なので、新しい場所で芽を出すチャンスは高い。だが、大きな種を持つアボカドは、そういうわけにいかない。

Credit: pixabay

野生のアボカドはあくまでも、それを一口で丸呑みでき、かつその果肉をおやつにするのが大好きな大型動物のための食糧だった。たかだか1万3,000年ほどで、最愛のパートナーである大型動物と築いた蜜月関係の鮮明な記憶が、アボカドの遺伝子から消えることはなかったのである。

アボカド生き残りの鍵は人類だった!?

進化しそこねたアボカドが今も生き残っているのは、一体なぜだろう?それには、私たち人類が始めた農業が影響しているようだ。

元来存在した野生のアボカドは、現在よりずっと種が大きく、果肉部分かなり小さかった。種を小さく、果肉を大きく改良し、私たちのような小さな動物でも食べられるようにしたのが、人類だ。

このように、古い特質を変えずに、進化しないまま生き残ってきた果物は、アボカドにかぎらない。新熱帯区に生息するパパイヤ・チェリモヤ・サポーテなども、進化を止めた果物の一部だ。野生に実るこれらの果物は、その土地に住む哺乳動物の基準に照らせば、とうてい食べられた代物ではない。

さらに、アボカドを「果物界きっての変わり者」にしているのは、そのくぼみにペルシンと呼ばれる毒があることだ。通常ヒトには無害だが、他の動物が大量に摂取すると危険である。南米には、アボカドのくぼみとチーズやラードを混ぜて作る、ネズミ駆除剤のレシピが伝わっているほどだ。

とんでもないオバケかも…!/ Credit: depositphotos

2011年時点で、アメリカ大陸では年間22万6,450トンのアボカドが生産され、1人あたり約2キロが消費されている。謎多き「進化のオバケ」は、今も脈々とこの世を生きつづけている。

岩を溶かして成長する植物が発見される

reference: smithsonianmag / written by まりえってぃ