都市伝説・オカルト

やよい軒、突然「おかわり」有料化!その理由は…あのコトが原因だった?





定食チェーンの「やよい軒」は2019年4月15日未明、これまで無料だったご飯の「おかわり」を関東の一部店舗で試験的に有料化すると発表した。

有料化が始まる店舗は全国378店舗のうち関東の12店舗で、店舗によって1杯あたり30円~100円程度のオプションになるという。

一部報道によると、今回の有料化に関しては、普段「おかわり」をしない客層からの声が強かったといわれ、「おかわりをする人もしない人も平等になるように」との意向で行われるという。




近年、日本では「糖質制限ダイエット」など、米の摂取を控えるダイエットがブームということもあり、各飲食店でもキャベツライスやブロッコリーを米の代替品として使用するようなメニューが多く登場していた。このことからも、今回の「おかわり」有料化は時代の流れを汲んだものと思われる。

ところが、その一方でこのような説もある。

それは「相次ぐおかわりチャレンジ」を制限するという目的では、いうような説だ。現にYouTubeなどの動画投稿サービスでは「やよい軒」を検索すると、「ご飯何杯食えるか」「やよい軒で何キロ太れるか」「デブの限界チャレンジ」といった大食い企画が多く投稿されている。

関連記事

【放送事故】女性YouTuber、赤飯イッキ食いで救急搬送!凄惨な一部始終が…






多くの動画では完食している人の中には、チャレンジに失敗し大量のご飯を残してしまった投稿者や、数人がかりで炊飯器のご飯を全て食べきるなどの無謀な動画もあり、一部ではこれらの「チャレンジ動画」を抑止する意図で有料化が行われたのではないかというのである。

現在、ネットではやよい軒のご飯おかわり有料化に関して賛否の声があり、同社の公式Twitterには非難の声もあり、やよい軒の思惑通り「平等」にすることはなかなか難しそうだ。

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)

画像©Spencer Wing in PIXABAY