都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

まだある闇営業…入江軍団30数名、事務所からのヒヤリング無しに疑問!





カラテカ・入江慎也主導による闇営業問題は、まだ氷山の一角しか表に出てきていないと指摘されている。

アトラスでもセミナー商法、催眠商法の幹部グループのパーティーに参加した毒舌芸人のことを報道したが、東京スポーツでも入江軍団の某芸人が淫行を行っていたと報道されている。

関連記事

カラテカ入江、反社会的集団と知っていた!?刺青男とはしゃぐ動画を発見






現在SNSでは、入江軍団の構成員一覧表や相関関係図が出回っており、そこには多くの若手芸人の名前が記載されている。

その人数は30人を超える規模であり、今回謹慎処分になったメンバー以外の芸人の名前を見ることができる。入江軍団でリアルタイム検索すればすぐわかることであり、SNS上では軽い騒ぎになっている。

彼らの全員が闇営業に手を染めていたとは断言できないが、現時点では所属事務所の吉本興業からのヒアリングは行われていない。この事実に対して「企業としてコンプライアンスはどうなっているのか」「無名の若手芸人だからヒアリングをしないのか。それはおかしい」という批判が上がり始めている。




常識的に考えて入江軍団の構成員は全てヒアリング調査の対象とすべきである。

週刊誌や各ネットニュースの矛先は、まだスキャンダルが報道されていない入江軍団の構成員に移っており、今後新しい情報が出てくる可能性が高い。膿は徹底的に出さなければいけないのだ。

≪こんな記事も読まれています≫
【業界騒然】「住みます芸人」80%がヤクザの宴席に出席!?
【またも…】『アメトーーク! 』宮迫シーンのカット、費用は1000万円越え!?

(大山朱姫 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Rondell Melling PIXABAY