都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

こっそり、プレゼント…アメリカに現れる怪人「テレビマン」って何者?

一度でも映画館でに訪れた方であれば、「STOP映画泥棒」CMの映像に登場する、頭がビデオカメラや警告灯になったキャラクターを見たことがあるはずだ。

だが、そんな器物頭の人間が実際に目の前に現れたら、あなたはどう思うだろうか……。

怪人「ブルーマン」が日本各地で暗躍




ヘンリコのハンプシャー地区在住の人物は、11日日曜日の朝、家の前の芝生に何者かが古い学校のテレビを置いていったことに気がついた。

驚いた住民がドアベルの付近に設置していた監視カメラを再生してみると、そこには奇妙な姿をした犯人の映像が捉えられていたのである。青い作業着を着た男性だったが、頭部は古いブラウン管テレビだったのだ。そしてテレビ男は玄関先に持参したブラウン管テレビを置くと、監視カメラに向かって手を振ってから夜の闇の中に立ち去るのだった。

この奇妙なテレビ男が訪問していた家はこの家だけではなく、同じ地域の65世帯にも及んでいた。地元の男性は「まるでテレビを配り歩くサンタクロースのようだ」と語っている。




また、この奇妙な事件が発生したのは今回が初めてではなく、数年前にも一度同じような事が起きていたのだそうだ。

その後、現地を訪れが地元の警察によってすべてのテレビが回収され、捜査が行われたそうだが、今のところその男の身元とテレビを置いて去る動機は解っていないという。再び彼が姿を現す日が来るのか、地元の人は推移を見守っているという。

関連動画
Dozens of old-school TVs found on Henrico lawns

(勝木孝之 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Clker-Free-Vector-Images PIXABAY