都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

え、そこ光るの? 恋人を探すために「骨」を発光させるカエルがいる

Credit:NYU Abu Dhabi Postdoctoral Associate Sandra Goutte
Point
■世界最小のコガネガエル属の「Pumpkin toadlet」は、UVライトに当たると青白く発光することが判明
■光るのは皮膚ではなく骨で、特に薄い腰部と背中の皮膚のおかげで、体外に光を放出できる
■蛍光色の濃度は大人になるにつれて強くなることからも、パートナー探しに使われている可能性が高い

きれいな発光。嘘みたいだろ。これ、骨なんだぜ…。

世界最小として知られるコガネガエル属(Brachycephalus)の1種に、骨が発光する特性を持つ個体がいることがわかりました。

「Pumpkin toadlet」というカエルは数年前に発見されたばかりの新種ですが、生息地であるブラジル熱帯雨林の森林減少に伴い、すでに行き場を失いつつあります。

そこでニューヨーク大学アブダビ校のサンドラ・グーテ氏と研究チームは、Pumpkin toadletの行動形態や交配の仕方について詳しく調査を行いました。その結果、Pumpkin toadletはUVライトを当てると骨が青白く発光することが判明したのです。

研究の詳細は、3月29日付けで「Scientific Reports」上に掲載されています。

Intense bone fluorescence reveals hidden patterns in pumpkin toadlets
https://www.nature.com/articles/s41598-019-41959-8

自分の声が聴こえない!?

Pumpkin toadletの名前は、文字通りパンプキンのように鮮やかなオレンジ色をした体表から由来しています。そのサイズはわずか1cmほどで小指に乗せられるくらい小さなカエルです。

ただし見た目のかわいらしさとは反対に、強力な猛毒を体内に持っており、パンプキン色は天敵への警告として機能しています。

繁殖シーズンになると、ほとんどの時間をパートナー探しに費やすPumpkin toadlet。彼らは恋人を見つけるべく、大きな声を張り上げて叫び続けるそうですが、この行為はほとんど無意味なんだとか。

というのも、コガネガエルの聴覚は未発達な部分があり、自分たちの高周波の声音を聴くことができないんです。つまり声を出しても同種の相手には届かず、メリットもほとんどありません。切ない…。

それについてグーテ氏は「恋人探しには何か奥の手があるはず」と指摘します。その奥の手こそが、「体を発光させる」ことの可能性があるのです。

発光は「恋人探し」や「天敵への警告」のサインかも

Pumpkin toadletが発光することを発見したのは、研究チームがカエルにUVライトを当ててみたときでした。画像を見てもわかるように、背中と頭部が見事に青白く光っています。

この蛍光プロセスは、カエルが外部の光の波長を吸収して、それをもっと長い波長で体外に再放射していることで成り立っています。皮膚や羽が発光する生物の存在はこれまでも知られていましたが、このカエルの光る部分はなんと骨です、骨。

Credit:NYU Abu Dhabi

発光を可能にしているのはカエルの極端な皮膚の薄さなんだそうで、特に薄い頭部と背中の皮膚はおよそ7マイクロメートルの厚みしかありません。それから黒色の色素が欠けていることも、光を体外に通す役割を担っています。

グーテ氏は「UVランプの下でしか人の目には見えませんが、もし他の動物たちがUVライトなしで見えるなら、メスへのアピールや天敵への警戒色として活用している可能性がある」と話しています。

また蛍光色の光度は幼生のときに弱く、大人になるにつれて強くなることも分かっており、このことからも恋人探しに体の光を使っていることが推測できます。

 

外部の光が必要なので自ら発光することはできないそうですが、例えば月明かりでポッと光るとしたら、とてもロマンチックな合図ですよね〜。

reference: zmesciencemongabay / written & text by くらのすけ