都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

ある都市が「実在しないこと」を証明できた人には1億2千万円の賞金が!?

「悪魔の証明」というものがある。

ある事象や物体が存在しないことを証明するのは非常に難しいことから来ている言葉なのだが、まさしくその言葉のような難しい難題?がドイツで沸き上がっている。

ドイツにて、ビーレフェルトという都市が存在しないことを証明できた人には多額の賞金が得られる、という変わった試みがなされている。




ビーレフェルトの成立は9世紀にさかのぼり、今や人口340,000人を超える都市なのだが、25年前にある話題が出てから「存在しない町である」と見なされるようになった。

そもそもはネットが浸透しだした頃、Usenetに「Bielefeld?そのような町はありません」と学生が書き込んだことから始まった。

一昔前のSNSで爆発的に広がったこのメッセージは、以降ドイツで長らく使われるジョークとなった。アンゲラ・メルケル首相でさえ、2012年ぬこの都市で開催されたイベントに参加した際にこのジョークについて言及するほどだった。




問題の企画に参加する者は、ビーレフェルトが存在しないことを証明する写真またはその他の証拠を9月5日までに提出する必要があるという。

果たして、この難問?を証明できる人は出て来るのだろうか。

関連動画
The Bielefeld Conspiracy

(勝木孝之 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)