都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

あのウォーシップが再び…撃沈された米海軍艦が見つかる

2019年7月2日、フィリピン沖に沈んでいた日本の重巡洋艦「摩耶(まや)」が発見された(発見は4月19日)という報道があった。

もちろん日本の戦艦だけでなく、世界中の沈没した戦艦が現在でも捜索されている。そして先日、第二次世界大戦中にアメリカ東海岸沖で沈没していた最後のアメリカ軍艦の残骸がついに発見されたとの報告が寄せられた。

アフリカ海岸に日本籍の幽霊船が漂着した!




1945年4月23日、『USSイーグルPE-56』は定期的な演習のためにメイン州沖に到着したが、爆発により沈没した。当初は偶然ボイラーが爆発した事故だと考えられていた。

しかし2001年に研究者が歴史的証拠を詳細に分析したところ、船はドイツ艦の魚雷に襲われて沈んだということが判明した。しかし、問題の戦艦がどこに沈んでいるのか、その所在は75年間謎のままだった。

ところが先日、実に4年間捜索を行っていた8人のダイビングチームがついに東海岸から約5マイル離れた水深300フィートのところに、イーグルが沈んでいるのを発見することに成功したのだ。ダイビングチームがこの船を最終的に確認するためには更に24回の潜水による捜索を必要としたそうだ。




「私たちが難破船を見つけた時、すぐにでもこの事実を知らせたかった。これは私たちの物語ではなく、戦艦イーグルの物語だ。私たちの望みはこの艦が沈んでいた場所を地図に載せることだけだ」

とダイビングチームのメンバーRyan King氏は語った。

関連動画
Sunken Navy warship found off Maine coast

(田中尚 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©US NAVY