都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

あなたはどっち? 仕事中にBGMを流すべきかは「性格による」という研究

Point
■仕事中や勉強中にどういった音楽をかけるべきか、あるいは音楽をかけない方がいいのかについては「個人の性格」によることが判明した
■「退屈感志向」が低い人物は外部刺激に敏感ではないため、複雑な音楽を聴くとほどよく集中力を高められる
■ 逆に「退屈感志向」が高い人物は外部刺激に敏感であるため、音のない環境のほうが集中力が高まる

あなたは仕事や勉強をしているとき、音楽をかけますか?

クラシックを聴くとIQが高まるといった「モーツァルト効果」と呼ばれるものもありますが、心理学においては、作業中に音楽をかけるべきか否かといった問題に対して明確な答えはありません。

そのあいまいな状況を打破すべく、研究者らが実験を実施。そこで出された結論は、「個人の性格による」といった身も蓋もないものでした。みなさんはどっちでしょうか?

More than meets the ear: Investigating how music affects cognitive task performance.

https://psycnet.apa.org/record/2019-03876-001

ポイントは「退屈感志向」という性格指標

研究では、142人の大学生(そのうち75%が女性)が集められ、2つのタスクを実施しました。簡単な方のタスクは、サンプルテキストの中からを「A」を見つけ出してそのすべてに線を引くといったもの。複雑な方のタスクは、2つの言葉のペアを覚え、片方を提示された際にもう一方思い出さなければならないといったものです。

被験者は、研究のために作曲された「歌詞のない平凡な音楽2バージョン」のうちどちらかを聴きながら、あるいは「音楽をかけず」にタスクを実施しました。2バージョンのうち1つは、ベースやドラムの音が目立つ複雑な音を奏でているものです。また、被験者の外部刺激に対する反応を確認するために、彼らの「退屈感志向」についても調査されています。

退屈感志向とは、人間の持つ「何かに関与したい」という欲望に反して、様々な理由で何にも集中できない不愉快な情動的状態を指します。たとえば退屈感傾向が高い人物は、何かに集中しづらく、注意が欠如している傾向があります。

自らのパーソナリティを理解せよ

その結果、簡単なタスクの際には、退屈感志向が低かった被験者は、シンプルな音楽や音楽がなかったときと比べて「複雑な音楽」を聴いていたときに最も作業効率が上昇しました。一方、退屈感志向が高かった被験者は逆のパターンを示しました。つまり彼らは、複雑な音楽ではなく「シンプルな音楽」あるいは「音楽なし」のときに最も効率よくタスクを実行したのです。

研究者いわく、これは退屈感志向が低い人々は外部刺激にあまり敏感ではないため、複雑な音楽がほどよく彼らの雑念をシャットアウトして、タスクへの集中力を高めたことが考えられるとのこと。逆に退屈傾向が高い人々は外部刺激に敏感であり、複雑な音楽を聴いてしまうと集中力が奪われてしまうため、より静かな状況を好んでいることが分かります。

また、複雑なタスクにおいては、退屈感志向が低かった被験者にはいずれの音楽もいい影響を与えていました。そして一方、退屈感志向が高かった被験者は外部刺激の少ない「音楽なし」の際に最も良いパフォーマンスを見せていました。

もしあなたが自分自身について「退屈感志向が高い」と感じているのであれば、外部刺激に対して強い反応を示してしまうため、作業の際に音楽はいらないのかもしれません。逆に「退屈感志向が低い」と感じていれば、多少なりとも音のある環境のほうが、ほどよく集中力を高められるかもしれません。

 

いつもBGMを流して作業していたけど、実は音楽がないほうが集中力が高まる…なんてことも有り得そう。一度音楽が無い場合と比較してみるとよさそうですね。

楽器を弾くとき、脳で何が起こっているのか? 「演奏する」ことの驚くべきメリット