都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

あおり運転の宮崎文夫容疑者「闇の勢力、秘密結社に命を狙われている」!?

高速道路における危険な煽り運転をした挙句、相手車両の運転手を5発も殴りつけたとして大阪府在住の不動産経営者の宮崎文夫容疑者が身柄拘束をされ、茨城県警で事情聴取が進んでいる。

宮崎容疑者は、自らが所有するマンションで夜中に奇声をあげたり、飲食店で数時間に渡りクレームをつけたり、マンション住民が共同利用していた自転車置き場を事前通知もなく己の自動車置き場にするなど、近隣でも迷惑な人物として知られていた。

関連記事

あおり運転で逮捕された宮崎文夫の偽息子?…が登場して大騒ぎ!




宮崎容疑者は、親しい友人や大学の同級生に対して「闇の勢力に命を狙われている」「秘密結社から暗殺される可能性がある」と真剣な表情で語っており、極度の被害妄想の状態になっているようだ。

宮崎容疑者のこういった行動を指して、ドラッグの影響ではないか、あるいは精神的な病気ではないかと言われているが、今後精神鑑定や薬物チェックが必要となるのであろう。

果たして、この宮崎容疑者の主張は本当に正しいのであろうか。 大阪の一般人を闇の勢力が狙うなど、まずありえない話である。




関連動画
外車&女性・・・派手な生活 宮崎容疑者の素顔は?(19/08/18)

(すぐれいち恭介 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Arek Socha PIXABAY