都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

【謎すぎるYouTuber】約1200時間カメラを見つめながら笑い続ける男:”Benjamin Bennett”

1200時間。ーーそう聞いてパッとどれくらいの時間か想像できる人は少ないだろう。なんと、とある海外のYouTuberは、合計で1200時間もの間カメラの前で座り笑い続けたのだ。厳密に言うと、4時間を300セット。その4時間はトイレに立ったりなどせず、じっと座りながら。実に、ギネスの審査員も顔が引きつるほどの偉業であろう。もはや偉業なのかどうかも定かではない。しかし誰でもできるようなことではないだろう。

そもそも、人が衣食住を十分にこなしながら1日に行動できる時間は約8時間。毎日ぶっ続けで撮り続けたとしても、1200時間というのはとてつもない時間で、150日かかる計算になる。仮に1日8時間以上笑い続けたとしたら、まさにそれはブラックスマイルだ。

このYouTuberの奇妙な挑戦(?)が始まったのは2014年の7月。まさについ1ヶ月前にも動画は投稿されており、現在進行形でチャンネル登録者を伸ばしている。

今回の記事は、この謎すぎるYouTuberに関してわかることをまとめてみた。

YouTubeチャンネル:”Benjamin Bennett”の概要

天才ムショクくん

ヘッダー画像を見てもらえばわかると思うが、狂気の沙汰である。

なんというか、主張がすごい。これはただの写真。もちろん声など聞こえてこないのだが、「うるさっ」と言ってしまいそうになる自己主張だ。

自分の顔をくり抜いた画像をタイルの如くただ並べてる訳が無い。ヘッダー画像はもしかしたら間違い探しなのでは…?と思ったので1つ1つ見てみたが、筆者の期待も虚しく全て同じ顔だった。ナルシスト日本代表である某「僕ツケメーン」芸人でもそんなことはしないであろう。

個人的な感想を長々と垂れ流してしまってもどうしようもないので、このチャンネルのデータをまとめてみた。

”Benjamin Bennett”のデータ

チャンネルのデータ
  • チャンネル名:Benjamin Bennett
  • チャンネル登録者名:216,765人(2019/2/17現在)
  • 動画投稿数:300本(2019/2/17現在)
  • 累計視聴回数:16,669,328回(2019/2/17現在)

動画の内容は先ほども申し上げた通り『部屋の角で、胡座をかき、4時間カメラに向かって笑い続ける。』というもの。「Sitting and Smiling #1」〜「Sitting and Smiling #300」までの300本全て。ここまでキッツイ罰ゲームは無いのではないか?と筆者は思った。東●オンエアで罰ゲームに採用して、どれほど辛いものなのか発信してほしいものである。

しかも驚くことに、300本の動画全て、広告は掲載されていないのだ。

人の行動というのは2つに大別できるだろう。そう、目的があるか、それとも無いかだ。人の持ち時間は有限なので、大半の人の行動には目的が存在する。これからする話は、角度が30°くらいそれてしまうのだが、少し耳を傾けてほしい。こういう場合目というべきなのかは、サイト運営歴半年の筆者はまだ知らない。

イギリスのとあるスタントマンが、ギネス記録に挑戦し、「全身を炎に包まれながら酸素なしで最長距離を走った記録」と、「全身を炎に包まれながら酸素なしで100mを最速で走った記録」を、2017年に打ち立てたニュースをご存知だろうか。

一見、意味不明で「自己満…?え、ていうか満足の仕方が特殊…?」としか思えないこの挑戦にも、結構しっかりとした目的があった。実はこの挑戦は、子供のためのガン基金への募金を募るためのチャリティー企画だったのだ。ガン基金…?炎…?…え、は?

みなさんも「ど し て こ う な っ た ?」的なツッコミが喉まで出かけただろう。ここは一度なんとか飲み込んでもらいたい。

 

何が伝えたかったかというと、目的が完全に裏側に隠れてしまっている活動もあるということだ。話を30°戻そう。

一度動画をみて見てほしい。最後まで見ろとは言わない。これが記念すべき最新の300本目の動画だ。まあ1本目でも10本目でも100本目でも101本目でも内容は一緒なのでどれを見てもらってもいい、服装以外何も変わらない。

なぜそんな動画を広告も付けずに投稿しているのか、目的すらも全て不明。謎に包まれているYouTuberなのだ。

先ほど『目的が隠れている活動もある』と力説したので、目的が実はあるのだろうという話の流れ的になると思うのだが、確定的な目的は多分無い。なので先ほどの力説は何も意味がなかった。申し訳ない。

wikiによると、2015年のインタビューで「実際に目的はない。誰もしてないと思った。」と答えているとのこと。ネットの声としては、「もはやアート」との声もある。

筆者もこの金にならないオカルトサイトを必死で運営しており、「もっと時間を有意義に〜」などと偉そうなことは言っては「どの口が言ってんだ、収益ないだろ」「1記事書くのに何時間かかってんだ無能」などと読者からの愛のある暖かいツッコミが飛んできそうなので、特に何も言わないことにする。

ただ「4時間も座ってカメラに笑い続ける」など、常人がなせる技ではない。”尊敬している”といえば少し違和感があるが、凄まじい精神力だなとは思う。

この4時間の動画は毎回ライブ配信されており、これまでに何度かトラブルが起きている。次の章では、そのトラブルについてまとめていこうと思う。

Sitting and Smilingの配信中に起きたトラブル

Sitting and Smilingのトラブル1:強盗侵入

実は、このトラブルで有名になったと言っても過言ではない。

この動画は5本目に投稿されたもので、370万回以上再生されている。なんとも不気味なもので、ネット上で様々な憶測を呼んだ。動画を見てもらえばわかると思うが、2時間36分を経過した辺りで、後ろのドアがいきなり開く。強盗らしき男性が「ハロー?」と声をかけたと思ったら、そのまま去っていく様子が収められている。

天才ムショクくん

命を懸けるところ間違ってませんかこれ

微動だにしないこの人をすごいと取るか、命知らずと取るか、それともあそこで張り合って暴行されるなどの最悪の事態を免れた策士と取るか。真実はわからないが、予想だにしない事態だったことは確かだ。話題作りのためにやったことだとは思えない。

Sitting and Smilingのトラブル2:おもらし

神(Google)の鉄槌を喰らいかねないので詳細を語ることはできないし、動画も載せることはできない。見たい人は52本目の動画を見るといい。

「その場で、配信中にする背徳感」<<<<<「4時間縛り」という、この人の決意のようなものに感動した。別の場所で活かせることは山ほどあるだろう。

さいごに

天才ムショクくん

正直すごい。

この人の精神力や忍耐力は常人ではありえないほどに強いのだろう。さらには、収益化もしていないとなると、謎は深まるばかりだ。しかし、目的に捉われなくてもいいのだ。そのことを私たちに体現するために今も活動し続けているのかもしれない。

以前にも不可解なYouTubeチャンネル紹介をしているので合わせてどうぞ。

【閲覧注意】奇妙なYouTubeチャンネル ”01A51CD0”の正体とは??