都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

【若干放送事故】「バイキング」生放送中に携帯着信音…うっかり男性アナ!





10連休のゴールデンウィーク真っ最中、2019年5月3日に放送されたフジテレビ系の情報バラエティ番組『バイキング』(月~金 前11:55~後13:55)で「小さな放送事故」が発生した。

これは、13時過ぎから行われた番組恒例のコーナー「とれたて!ニュースバイキング」に於いてである。この日のテーマは2000年のシドニー五輪で話題となった「スポーツのビデオ判定問題」で、コーナーを担当しているフジテレビの笠井信輔アナはこの問題に関して丁寧に解説を始めた。

関連記事

笠井アナ問題発言!「真子さま、結婚延期はマリッジブルー」は暴言だ!!






そして、さらに話の内容を掘り下げていこうと、司会の坂上忍がスポーツライターの青島健太氏にコメントを求めると、その際にどこからともなく「ピロリン」という聴き慣れた電子音が聞こえるではないか……。音源はスタジオ内にあるカメラ、音響装置や電子機器などからではない。この音はまさしくiPhoneの着信音だ、とその場にいた多くの人々が気付き、一時スタジオは騒然となった。

すると、中央にいた笠井アナが急に苦笑いして「あのー。携帯電話の電源を切り忘れてしまいました。申し訳ございません」と謝罪したのだ。

笠井アナが語るには「(朝のレギュラーである)『とくダネ!』のスタジオは携帯の電波が入らないんですよ」とのことで、『とくダネ!』の時間帯から電源をつけたままで『バイキング』のスタジオに来てしまったという。




このハプニングに対し、笠井アナは思わず赤面し「申し訳ございませんでした」と再度頭を下げた。

この手のトラブルはテレビ番組では珍しいが、ラジオではよく発生する放送事故である。

例えば、芸人のマキタスポーツは、自身がレギュラーをつとめるTBSラジオ『東京ポッド許可局』で、収録中に突然携帯電話が鳴りだし、共演者に謝罪していた他、講談師の神田松之丞がパーソナリティをつとめるTBSラジオ『神田松之丞 問わず語りの松之丞』ではスタッフのひとりの携帯のアラームが鳴り響き、松之丞から叱責されるなどの模様が放送されたことがあった。

新元号が明けて3日目、早々にうっかり失敗してしまった笠井アナ。今後、生放送中は携帯はちゃんと電源オフにしましょう。

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©写真素材足成