都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

【検索注意】トラウマ不可避!?フィンランド製作の「実写版ムーミン」

2000年代からインターネットで有名になった検索NGワードに「ムーミン実写版」というのがある。

これは、1973年に『ムーミン』の作者であるトーベ・ヤンソンの出身地であるフィンランドで製作されたテレビシリーズで、ムーミン谷に住む妖精・ムーミンの世界観を着ぐるみ特撮で表現した実写作品だ。

地元フィンランドでは長年にわたり愛されてきた作品らしいが、日本ではアニメシリーズ(1969年版、1972年版、1990年版の三作品がある)の方がはるかに人気であったため、放送されることはなかった。したがって、日本国内においては、コアな「ムーミンマニア」しかその存在を知らなかった。



ところが、2014年頃、ムーミン公式Twitterが世界中で映像化されたムーミン作品を紹介する企画を行い、そのなかでこのフィンランド実写版も紹介されたことから日本でもようやくその全貌が明らかになったのだ。

しかしながら、紹介されたムーミンの姿は確かに「着ぐるみ」ではあるものの、露出した手は人間そのままのシュールな姿であり、ネットでは「なんか怖い」「なんで手だけ人間そのままなの?」「正直気持ち悪い」という声が続出していた。




以来、インターネット上ではこのムーミン実写版は「トラウマ画像」として紹介される機会が多くなった。

とはいえ、違和感を思わせるのは、露出している人間の手だけで、着ぐるみの造形そのものは比較的可愛く仕上がっている。つまり、そこまで刺激が強いものではないために、気になった方は是非、検索してその目で確かめてほしい。

参考動画
Muumipeikko ja pyrstötähti (Suomen Kansallisbaletti / Finnish National Ballet)

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)

画像『ムーミン全集[新版]2 たのしいムーミン一家 (ムーミン全集 新版 2)