都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

【検索注意】『ソニック』サウンドテスト画面に恐怖演出!スタッフの悪戯?





ハリウッドでも実写映画化の公開(2020年2月予定)が決定している、『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』には、ある怖い都市伝説がある。

それは、ゲーム途中で隠しコマンドを入力すると、お面をかぶった怖い顔をしたソニックが登場。そして悍ましいBGMと共に謎の笑い声が流れる、というものである。

関連記事

実写版『ソニック』は未確認生物!?あまりのギャップに世界中から非難轟々






この画面は1993年に発売されたメガCDのゲームソフト『ソニック・ザ・ヘッジホッグCD』で実際に確認することができる。

本ゲームのサウンドテストモードに於いて、とある数字を入力すると、突然真っ黒な画面に切り替わり、「たのしさ∞セガ・エンタープライズ」のタイトルと共に、外国映画「スクリーム」のようなマスクをかぶったソニックの大群が現れる。そして、不気味なBGMと共に「わぁはっはっはっはっは!」という男性の低い声が流れるのだ。

画面の左隅には「まぢん画」とあり、これはゲームスタッフの名前らしく、詳しいことはわからないが、どうもこの画面はスタッフがお遊びで作ったデモ画面のようである。

関連動画(閲覧要注意)
Sonic CD – Very Scary Hidden Message






発売当時は、偶然発見した数人の子供たちの間でしか話題にならなかったが、当時と某人気ゲーム雑誌がこの隠しコマンドを紹介したところ、全国的に広まったという。

今では、このプレイ動画一部がYoutubeなどに転載されるなど、インターネット上でも実際のデモ画面を見ることができる。しかし、音楽や演出含めてあまり気持ちのいいものではないので、「スクリーム」のようなマスクが苦手な人は検索しないほうが良いだろう。

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『ソニック・ザ・ヘッジホッグCD MCD 【メガドライブ】