都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

【新説】月は原初地球の「マグマの海」から生まれた! これファーストインパクトでは?

Credit:maxpixel

Point

■横浜の独立行政法人海洋研究開発機構の研究者らが月誕生時の新しいシミュレーションモデルを研究発表した

■従来の巨大隕石の衝突説では説明のつかない、月の組成に地球の成分が多い理由、隕石衝突の痕跡がない理由を解明した

■月は溶解したマグマの海であった地球に隕石が衝突することで誕生した

これ「ファースト・インパクト」では?

独立行政法人海洋研究開発機構の研究者らが、巨大な隕石がぶつかった衝撃により月が生まれたという「巨大衝突説(ジャイアント・インパクト説)」を裏付ける説を発表した。

研究は4月29日付けで「Nature Geoscience」に掲載されている。

Terrestrial magma ocean origin of the Moon | Nature Geoscience
https://www.nature.com/articles/s41561-019-0354-2#author-information

もっとも身近な宇宙のミステリー 月はどのようにして生まれたのか?

地球から約38万km離れた軌道を回る月は、私たちにとってもっとも近い天体であり、その引力は海水だけでなく、私たちの宇宙へのロマンも惹きつけ続けている。

しかしその誕生の経緯については、未だ謎が多い。

月誕生の4つの仮説/Credit:jaxa

 

月の誕生については、「親子分裂説」「捕獲説」「双子説」などの仮説が唱えられてきたが、数式を用いたシミュレーションや地球上の痕跡、アポロ計画により持ち帰られた岩石の解析により否定された。

現在もっとも有力とされる仮説は、巨大な隕石がぶつかった衝撃により月が生まれたという「巨大衝突説(ジャイアント・インパクト説)」だ。

アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の中で語られるファースト・インパクトはこの月が生まれた巨大衝突のことを指しているそうだが、実際はこの仮説についても多くの疑問が残されている。

しかし今回発表されたのは、この巨大衝突説を裏付ける説なのだ。

もっとも有力な月誕生仮説「巨大衝突説」

巨大衝突説は火星サイズの巨大隕石Theia(ティア)が原初の地球に衝突し、そのとき巻き上げられた材料によって月が生まれたという説だ。ちなみにTheiaとはギリシャ神話で月の女神セレーネの母親の名前である。

この仮説は現在もっとも有力な説とされているが、完全には説明しきれていない問題も含まれている。

このシナリオに従うと月の60%以上はTheiaが材料となっているはずだと言われている。しかし、実際の月の組成は予想よりも遥かに多くの地球由来の成分を含んでいる。また、そんな巨大な隕石が地球へ衝突した痕跡も地球には残っていない。

それは新生地球のマグマの海に落下した

今回の研究では、この火星サイズのTheiaによる巨大衝突が融解したマグマの海で起こった場合どうなるかというシミュレーションを行った。

地球が巨大なマグマの海に覆われているとき、この巨大衝突に見舞われれば融解したマグマは固体の物質よりも遥かに容易に宇宙へと飛び散り、地球の組成分が非常に多い現在の月を形成することが可能だ。また、地球に巨大隕石衝突の痕跡が明確に残らないことにも説明がつくかもしれない。

これまでの隕石衝突時に舞い上がった粉塵(といっても巨大な岩石)が固まって月となったという仮説から一歩進んで、この研究報告は太古の月誕生の様子をより実際に近い形で予想している。

一般的な視点からすると、小さな仮説の修正にも感じるが、このような仮説の修正と検証を繰り返して科学は真実へと近づいていくのだろうに。

【朗報】7年前に探査機はやぶさが持ち帰ったサンプル分析結果、ついに判明!

reference: space, nature, futurism / written by Nazology staff