都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

【放送事故】野球生放送最中にsiriが突然起動…お茶の間騒然!

2019年11月12日、TBS系列で放送された「世界野球プレミア12」(19:00~)で珍しい放送事故が発生したと話題になっている。

この日、世界野球中継は「日本vsアメリカ」が行われ、世界中のベースボールファンから注目されていた。TBSは中継班を総動員し、放送にあたっていたのだが、この生中継の最中にとんでもないアクシデントが起こったのだ。




なんと、客席を映していた一台のカメラの下部に謎のワイプが登場し、「世界野球プレミア12の応援に集中したい?」「Hey,siri,おやすみモードをオンにして」といった声と共に表示され、生放送されたのである。

siriに訊いてはいけない単語があった!

これはまさしくiPhoneのアシスタント機能である、siriの画面であることに間違いなかった。

siriのアナウンスはすぐに消されたのだが、テレビを見ていた多くの視聴者はさぞ驚いたことだろう。

AIロボ「人類を滅亡させる…」




このことから、ネット上では「テレビに突然siriが出てきた!」「びっくりした」との声が相次いでいた。恐らくだが、この日の「世界野球プレミア12」では中継機器の一部にiPhoneまたはiPadが使用されていて、何かのミスからsiriが起動してしまったと想像できる。

今やiPhoneなどハイエンドなスマートフォンなどが中継カメラの代替品として使われることはたまに聞くが、まさかこのような世界規模の公式大会でも使用されていたとは実に意外なことであり、またそれ以上に驚きの出来事だった。

ワールドカップ生中継で映った信じられない人物

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©写真素材足成