都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

【放送事故】激怒したネッシー、テレビ中継をジャマした!?

2019年9月5日、イギリス北部スコットランドのネス湖で国際的な科学者チームは「ネッシーの正体は恐らく巨大化したウナギだ」と発表した。

この調査は調査はニュージーランド・オタゴ大学のニール・ゲメル教授らのチームが実施したもので、水中に浮遊するDNAを調べた際、ネス湖から大量のウナギのDNAが発見されたことから、その結論に至ったという。

関連動画
「ネッシー」の正体は・・・ 研究者チームが結果を発表(19/09/06)




このニュースに関しては、日本のテレビ番組も熱心に報道するなど、テレビ朝日のニュース番組『スーパーJチャンネル』は現地のネス湖まで記者を派遣。会見の模様を中継するなど、こだわりを見せた。

だが、その中継はとても成功とは言い難かったようである。




ネス湖と日本の間は9038076キロも離れていて、いくら近年のインターネット通信技術が高性能になったとはいえ、この距離では上手く繋がらなかったようだ。多くの視聴者が見守る中、音声と映像が途切れ途切れになり、目も当てられない中継となったのである。

今回の発表はネッシーファンにとっては少し残念な側面もあったが、せめて中継だけは上手くお茶の間まで届けてほしかった。しかし、今回の中継における失敗は……もしかして、ネッシーの仕業だったかもしれないと考えるネッシー信者はきっといるはずである。

関連記事

今年もネッシーの目撃例が頻発!?ネス湖のネッシー「5日間で2回発見」

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Oberholster Venita PIXABAY