都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

【放送事故】「オールナイトニッポン」、禁止用語が飛び出した!

2019年7月19日に放送された『霜降り明星のオールナイトニッポン0(ZERO)』で放送禁止用語が流れる事故が発生した、と話題になっている。

この日の番組ではリスナーのハガキを読む最中に、投稿者に直接電話を繋ぎ、霜降り明星と直接するトークする「ホームルーム」というコーナーの第1回目が放送された。

記念すべき初回の電話の主は、15歳の霜降り明星に憧れている演劇部の男子高校生といい、将来は彼らのような漫才師になりたいのだという。




すると、話の流れから、霜降り明星と男子高校生はツッコミ合戦をすることになり、霜降りのせいやと粗品がボケて高校生がツッコムというゲームが行われることになった。

梅沢富美男、お昼の番組で放送禁止用語連発!

最初は緊張のためか、なかなか思うようにツッコめなかった男子高校生だが、次第に慣れてきたのかスムーズな応酬ができるようになった。そして、粗品が大声を出してボケた際、この高校生は「なんで急にキチ●イ!」と思いっきり放送用語を発してツッコんでしまったのだ。




これには霜降りのふたりも「ダメダメ!」「良くない、良くない!」とダメ出し。そして、「キチ●イ」という問題のワードをごまかすためか、ふたりは「今、キキガイって言ったんだよね」「右利きとか左利きの『利き』ね」など、まったく理解不能なフォローをしていたのである。

高校生も後で放送禁止用語を知らずに発してしまったことに気が付いたのか、「すいません!」と平謝りしていた。

前述の通り、この「ホームルーム」は今回が初めての放送であり、2回目以降も行われることが予告された。ただし、本当に来週以降このコーナーが存続しているかは……わからない。




≪こんな記事も人気です≫
伊集院、放送禁止用語を話したその後の顛末とは…
「朝生」の田原総一郎、放送禁止用語を大声で連呼

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)

画像©Samuel Morazan PIXABAY