都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

【幻のゲームソフト】史上初のヒストリーRPG、ファミコン版「坂本龍馬」


以前、アトラスでは発売中止になった幻のゲーム作品として『少年魔術師インディ』および『ファミコン版ジャングル大帝』の2作品を紹介してきたが、今回もこれらに匹敵する幻のゲームソフトをご紹介したい。

時は1980年後半、TOEMILAND(東芝EMI)制作、幕末の志士・坂本龍馬を題材にしたゲーム、その名も「坂本龍馬」が発売されると某ファミコン雑誌に掲載された。

関連記事

【都市伝説】「ゲームの墓場」本当にあった!百万本ものが埋められた砂漠





このファミコン版「坂本龍馬」は「史上初!ヒストリーRPG」と銘打たれており、龍馬を主人公にした幕末の日本を冒険するゲームソフトだったらしく、一部に配られたチラシにはポリゴンの龍馬の他にも、西郷隆盛、勝海舟らしき人物の姿が描かれていた。さらには、独自システムとして「男のコマンド」という本ゲームならではシステムが供えられていたという。

「男のコマンド」がどのようなものなのか……発売にならなかったために今では何のことかわからないが、配布されたチラシによると、「人と出会い、剣術を磨き、お金を手に入れる」という記述があるため、より龍馬らしさをブラッシュアップさせるようなシステムだったと想像できるのだ。




このゲームソフトが一体なぜ、どのような経緯で発売中止になったのかは皆目見当がつかない。しかし、調べていくうちに解ったことは、製品としてほとんど完成していたらしく、前評判も上々であり、発売日も「8月末発売予定」と告知されていた。しかし、その後に相次ぐ発売延期の末、結局発売されることはなかったのである。

【閲覧注意】クリア後、恐怖のメッセージが!伝説のゲームに隠された怨み言




なお、ファミコン版「坂本龍馬」だが、類似のソフトとして『明治維新』というファミコンソフトが存在する。こちらも龍馬が主人公のゲームだったが、「少年の坂本龍馬がおねしょ癖を治すために江戸へ旅する」という設定や、「『はい』『いいえ』の選択肢を間違えると即ゲームオーバー」など、考えられない仕様だったためにゲームファンからは未だに「怪作」として名高い一本である。

このことから、ときより本作『明治維新』が『坂本龍馬』と一部混同されて紹介されることもあるようだ。

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)