都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

【実話怪談】婆が立つ

 これは怪談ではないのかもしれませんが、福岡に住んでいた大学時代、自分が二年生頃から住んでいた下宿が奇妙な家でした。ボロボロの離れ家で、大家が近くにいるのです。毎月の家賃がなんと九千円…。学生にとっては、魅力的じゃないですか。

 その家は二階建てで、一階と二階に一人ずつ住んでいました。僕は十畳二間くらいある二階を借りていましたね。でも気持ち悪いんですよ。壁に妙なお札が幾つも貼ってあったり、なぜか理由は不明ですが、三角巾が柱にかけてあったりしました。

 後輩なんかも遊びに来ましたが、恐がりましたね。”見える”後輩によれば、この家はヤバイ物件だというのですよ。




「先輩、やっぱ何かいますよ」

 後輩の青ざめた顔に胸のうちではおののきながらも

「嘘だろ、脅かそうと思ってるんじゃないの?」

 と強がってみせたのです。

「本当ですよ。見知らぬ女の影が窓に映ったんですよ」

という話をするのです。少々不気味でしたが、自分はたまに金縛りに遇う程度で、とくに何も見ませんでした。母屋に住む管理人は九十幾つかのおばあさんで、自分のことを「老婆」と呼称し、息子を「爺さん」と呼んでいました。不思議な親子なんですが、ある朝の事。

「Tさ~ん」

という声が聞こえます。どうやら、僕を呼んでいるみたいですが、あまりにも眠いので放っておくと、何度も何度も聞こえます。

「Tさ~ん、Tさ~ん」
「はぁ、なんですか」

渋々、僕が目を覚ますと……。




―――この老婆が覗き込むように枕元に立っていました。

さすがに不気味でした。もちろん生身でしたが、危うくこちらの心臓が止まりそうでしたよ(笑)ただ単純に、伝言があっただけみたいですが、枕元に立つのはかんべんしてほしいですよ。

(福岡県 男性 本人体験談 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Waldkunst YouTube