都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

【唖然】史上最強級台風の襲来、テレビ各局も大慌て

2019年9月8日~9日にかけて、東京を含む関東地方では強い勢力をもった台風15号が襲来。千葉県や茨城県の一部地域では窓ガラスが割れて怪我人を出したほか、千葉県の房総半島では鉄道を含む交通機関が乱れ、一時的であるが千葉県内は出ることも入ることもできない「陸の孤島」となった。

なお、台風一過の灼熱の暑さが尋常ではない中、今日10日現在も千葉県内の一部では停電が続いている。命も危険もあるために電力会社には早期の回復をお願いしたいところである。

関連記事

【都市伝説】台風と『コロッケ』の相関関係




その原因となった台風15号だが、突然の発生だっために被災への準備ができていない家庭も多かったようだが、それはメディアも同じであり、NHKを含むテレビ放送局ではテロップミスなどが相次いだ。

特に目立ったミスを連発していたのはNHKで、朝6時台のニュース番組では交通情報のテロップで「つくばエクスプレス」と表示されるところ「つくばエキスプレス」と誤表記があった。

これはNHKが普段から、つくばエクスプレスを「TX」と略して表記していることから発生したミスではないかと考えられる。しかし、エキスプレスといえば、某クレジット会社の呼び名である。NHKもさぞ反省したに違いない。




また、これは事故とは言えないが、「つくばエキスプレス」から遡ること約12時間前の8日18時50分ごろの交通情報で気象庁はNHKを含むテレビ局全社に「夜には一気に世界が変わり猛烈な風・雨になる恐れがある」という妙に詩的な一文のテロップを表示するよう指示したという。

担当者が詩の心得があったのかはわからないが、この一文はネットで大きな話題になり、検索ワードのトレンド入りするなどしたという。

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Hans Braxmeier PIXABAY