都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

【ちょっと怖い実話】「開けてくれ……」





物故者の証言であるが、筆者(山口敏太郎)自身が自分の祖母から直接聞いた話であり、大正期の流言・噂・都市伝説を検証するうえでも興味深いので紹介しておく。

平成初頭に亡くなった祖母が娘盛りの頃、というから大正末期のことであろうか。祖母は奇妙な話を聞いた。

ある村で老婆が息を引き取った。まだその地域は土葬であったので、3人の息子たちは泣く泣く棺おけに母親の遺骸を収めると村の墓地に葬った。だが気がかりな事があった。母は死ぬ直前に、奇妙な遺言を残していたのだ。

「土葬したか、3日後に掘り起こして欲しい。私は必ず蘇るから」



あまりに不気味な遺言に3兄弟とも俄かに信じることができず、埋葬してから3日経った今でも掘り返さず放置していた。しかし、更に何日か経つと末っ子の弟は我慢の限界に来てしまう。

関連記事

【実話 ちょっと怖い話】四国犬神一族の”おたぬきさん”

「母さんの遺言なんだ、掘り起こすべきだ」

この弟の主張に兄たちは鼻で笑った。

「この文明開化の世の中に死者が蘇るなどあるわけはない」




だが末弟の意志は固く、数名の人間を用意すると、亡き母親の棺おけを掘り起こした。

「母さん、約束どおり掘り起こしに来たよ」

末弟はそういいながら棺おけの蓋をとった。

すると、母親が鬼のような苦悶の表情で死んでいた。仰天した弟が、棺おけの蓋の裏側を見ると、爪で無数に引っかいたあとがある。何度も何度も引っかいたのであろう。血がにじみ、はがれた生爪が突き刺さっている。

やはり、母親は3日後復活したのだ。そして、暗闇の恐怖の中、棺おけの裏豚を引っかきながら、再び死んでいったのだ。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©PIRO4D PIXABAY