都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

「我々に地下基地を提供するように」米軍関連機関がTwitterで謎の要請

アメリカ国防高等研究計画局(Defense Advanced Research Projects Agency)ことDARPAが8月29日、全米の「地下施設を所有する」人物に使用許可を要請する旨のツイートを投げかけて話題になっている。

問題のツイートは「あなたが所有している地下のトンネルの使用許可を要請します。これは命令であり、理由は尋ねないでください」という物々しいもので、「いくつかの街区を含める規模」の、吹き抜けやトンネル、階段などを含む人工地下環境で、「歩行者が現在立ち入ることの出来ない」場所であることが望ましいとしている。




身近なもので考えるならば、地下街と繋がったそこそこの規模の地下鉄の駅、あたりだろうか。そんな土地や空間を所有している一般人がそうそういるとは思えないため、話題になっているのだ。

この要請は8月20日付けでDARPAのサイトに掲載されていたのだが、28日の時点で場所の提供者が見つからなかったためにツイッターで広く公募されたものとみられている。




ちなみに期限は現地時刻で8月30日午後5時、結局場所の提供者が現れたのかは不明のままだ。

DARPAは、軍隊使用のための新技術開発や研究を行うアメリカ国防総省の機関。そんな機関が何のために広大な地下施設を必要としているのか。国内外を問わずこのツイートは様々な憶測を呼んでおり、軍の訓練や新兵器の使用実験などではないかなどの説が飛び交っている。

(加藤史規 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Free-Photos PIXABAY