都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

「ルパン三世」原作者モンキーパンチさん死去 千葉県に地域貢献





アニメや漫画で人気の名作「ルパン三世」の原作者として知られていた漫画家のモンキーパンチさんが2019年4月11日午後7時26分肺炎のために、亡くなっていたことが判明した。享年81歳。

手足の長いアメリカンコミックテイストの作品は、日本のみならず世界中で愛された。

関連記事

【ルパン三世・都市伝説】銭形が主人公?フランスでは名称使用禁止!






Macintosh(マッキントッシュ)を使って漫画を描いていた作家として知られており、日本の漫画界で最も最初にパソコンを導入した人物ではないかといわれている。

アメリカンコミックの「トムとジェリー」の熱狂的なファンとしても知られており、銭形警部とルパン3世の追いかけっこは、銭形(トム)、ルパン三世(ジェリー)と言う図式がベースにあったといわれている。




千葉県佐倉市に住居を構え、地域の町おこしに積極的に貢献していた。千葉県民から世界の人々までに愛された男、モンキーパンチ先生のご冥福をお祈りしたい。

関連動画
モンキー・パンチさん死去 「偲ぶ会」は後日発表(19/04/17)

≪こんな記事も読まれています≫
【栗田貫一モノマネ伝説】ルパン三世で悩んでいると山田康雄が降臨した!?
【都市伝説】製作したのにまさかの封印!あの有名キャラクターもお蔵入りに

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『ルパン三世 単行本未収録作品集 (アクションコミックス)