都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

「むしろ公開すべき」の声が多数…新井浩文主演映画『善悪の屑』公開中止!





2019年2月8日、日活は強制性交容疑で逮捕された俳優の新井浩文が主演を務める映画『善悪の屑』の公開中止を発表した。

この発表をうけ、映画『善悪の屑』の公式Twitterでは「残念ながら、公開の中止が決定しました。 当初より応援いただいておりました皆さま、本当に申し訳ございません」「皆さまのご声援は決して忘れません。ありがとうございました」と上映中止に対してのお詫びおよび感謝の言葉を投稿された。






映画『善悪の屑』は漫画家・渡邊ダイスケの原作で、古本屋を経営しながら、犯罪被害者からの依頼を受けて復讐代行を行う二人の男性が主人公の作品である。新井は主人公の一人・鴨ノ目武を、もう一人の主人公の島田虎信は林遣都が演じていた。

撮影はすべて完了していたが、2月1日の新井の逮捕により本作の製作は完全にストップ。ついに公開中止と相成ったようだ。

公開中止となった理由に関しては諸説あるが、本作は新井が脇役ではなく主役を演じていること、そして撮影自体は終了しているが、キャスト陣によるアフレコ作業が残されており、物理的に製作ができなくなったことが原因ではないかと考えられている。

その一方で、『善悪の屑』の原作ファンのなかでは「むしろ別キャストを立てて公開すべきでは?」との声も存在するようだ。




新井が演じた鴨ノ目は、かつては妻と娘と共に暮らしていた良き父親であったが、強姦目的で押し入ってきた男によって妻子を殺されるという過去を持つキャラクターである。当然ながら強制性交容疑がかかっている新井が鴨ノ目役をそのまま演じるわけにはいかない。しかし、犯罪被害者の現実を訴える映画でもあるために「あえて公開することで新井の犯した罪を改めて浮き彫りにさせる効果もあるのでは?」「出演者が逮捕されたかといって作品をお蔵入りにするのは道義的に正しいのか?」といった新たな議論を呼んでいるようだ。

以上のことからもファンの間では「無事に完成できるよう応援していきたい」「クラウドファンディングなど観客からも支援できるなら協力したい」と訴えるファンも多いという。

『善悪の屑』が井筒和幸監督の『ガキ帝国 悪たれ戦争』のように日の目を見ない作品にならないように願いたい。

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『外道の歌 7 (ヤングキングコミックス)